野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« キアシシギ     黄色を見せて | トップページ | ムナグロ    難しい識別 »

ミユビシギ    干潟を群れで

 干潟を歩いていて一番目立つのは、たくさんいるカモメ類を除いては、ミユビシギとコアジサシの群れである。

Photo_11

 本当は、見てすぐにわかるミヤコドリの群れにあいたかったのであるが、出払っているようでその姿は見えない。

Photo_12

 それでもと、かなり干潟の奥まで足を延ばしてみたが、見当たらなかった。そうであれば同じような色の鳥がいないかと眼を凝らしてみた。

Photo_13

 コアジサシの中にはベニアジサシがいないかと覗いてみたり、カモメの群れにはミヤコドリが混じってないかと見回してみる。

Photo_14

 同じような色が見えるのは、メダイチドリのオレンジ色だったりする。群れでいれば飛翔姿もと欲張ったりするのは世の常。

Photo_15

 一か所でじっと待つタイプではないので、ついつい歩き回ってしまう。歩数稼ぎも目標にあるので出遭う確率は下がるが、うろうろと歩きまわる鳥見人である。

 

 

 

 

 

« キアシシギ     黄色を見せて | トップページ | ムナグロ    難しい識別 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミユビシギ    干潟を群れで:

« キアシシギ     黄色を見せて | トップページ | ムナグロ    難しい識別 »