野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« タマシギ    婦唱夫随? | トップページ | タマシギ   Ⅲ   すでに抱卵か? »

タマシギ  Ⅱ   ラブラブの仲

 メスにとっては何回目の恋かわからないが、かなりラブラブの仲に見える。先を歩くメスの後に、なぜかやさしそうな眼差しを見せるオスがついていく。

Tmsg11
          メスに従順についていくオス

 水草の間を歩いているが、スタイルはずんぐりむっくりしているので、全身をなかなか見せてくれない。

Tmsg12

 時々草葉の陰から白いアイラインの目だけが見える。それも少し風があるので、草の葉が風になびいて、タイミング良く二羽の目が同時に見えるときがうれしい。

Tmsg13

 メスが先導して歩き回っていたが、遅れていたオスが近くに来ると、体を沈めてお尻だけを持ち上げるしぐさをする。

Tmsg14
          お尻を上げるしぐさを何度もする

 よくわからないが、後ろから来たオスに対して交尾を要求しているのかと思って、ある期待感をもって観察してみる。

Tmsg15
          意を決したオスはどうする?

 やさしそうな眼をしたオスは、周りを気遣っているのか背後からメスに近づくが、躊躇しているようにも見える。陽射しの暑い中のラブラブのタマシギペアーである。

 

 

« タマシギ    婦唱夫随? | トップページ | タマシギ   Ⅲ   すでに抱卵か? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タマシギ  Ⅱ   ラブラブの仲:

« タマシギ    婦唱夫随? | トップページ | タマシギ   Ⅲ   すでに抱卵か? »