野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« カルガモ     大家族で | トップページ | アカガシラサギ  Ⅱ  飛翔 »

アカガシラサギ    きれいな夏羽で

  夏鳥たちもほとんどが育雛の時季を終えて、幼鳥たちはこれから親元を離れ、独り立ちの季節になっていく。

Akgs1

 ここ、サギたちのコロニーでも幼鳥たちは、親どりに負けないほどの体形になってきた。ただ見ていると、そのしぐさと鳴き声はまだ幼い。

Akgs2

 親鳥たちの姿は子育てに体力を消耗したのか、換羽の時季を迎えているのか、見た目にはやつれた感じに見える。

Akgs3

 見ていると、親たちは幼鳥数羽に餌を運んできて、個別に嘴で食べさせながら自立を促しているようである。

Akgs4

 葦と細竹の薮のコロニーは、そんな幼鳥たちの鳴き声と羽ばたきでにぎやかである。アマサギやコサギ、チュウサギなどに混じって、子育てをしていない夏羽のきれいな鳥がいる。

Akgs5

 アカガシラサギである。早朝でも現地につくと、猛暑日の河原にはすでに多くのバーダーがそれを狙っている。

Akgs6

 白いサギたちの群れの中に降り立つ、きれいな夏羽のアカガシラサギの姿は目立つ。一気に竹藪の中に入ってしまったが、すぐに出てきて周りを見回しながら全身を見せてくれた。その後飛び立ち、その見事な飛翔姿も見てほしいと言っているように見える。

« カルガモ     大家族で | トップページ | アカガシラサギ  Ⅱ  飛翔 »

鳥見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/67023866

この記事へのトラックバック一覧です: アカガシラサギ    きれいな夏羽で:

« カルガモ     大家族で | トップページ | アカガシラサギ  Ⅱ  飛翔 »