野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ムナグロ    難しい識別 | トップページ | ササゴイ     きれいな飛翔 »

メダイチドリ    干潟でのオレンジ

 チドリの仲間でもコチドリやイカルチドリなどは、河川敷で繁殖しているので、雛や幼鳥と出遭うことはあるが、メダイチドリは浜辺に来ないと遭えない。

Photo

 ごくまれに河口近くの河川敷でも見ることはあるが、偶然性が低い。潮が退いた浜辺で、胸元がオレンジ色のついた鳥はメダイチドリである。

Photo_2

 乾いた砂浜は足元が沈むので、前に進むのに倍は歩く感じで非常に疲れる。その点干潟の砂地は少し硬いので歩き易い。

Photo_3

 多少の引き潮の海水の流れがあっても、その上を歩くことができる。潮が退いた砂浜は餌が捕りやすいので、たくさんのシギチ類が集まる。

Photo_4

 名前の如くメダイチドリというので、目は大きいのかもしれないが、黒い過眼線がそれを隠してしまう。

Photo_5

 旅鳥なので、大きな群れで遭えるかと期待していたがそうでもなく、小集団で動き回っているようである。でも旅立つときは、大きな群れを作るんだろうな、と想像しながらの鳥見である。

 

« ムナグロ    難しい識別 | トップページ | ササゴイ     きれいな飛翔 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メダイチドリ    干潟でのオレンジ:

« ムナグロ    難しい識別 | トップページ | ササゴイ     きれいな飛翔 »