野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ミユビシギ    干潟を群れで | トップページ | メダイチドリ    干潟でのオレンジ »

ムナグロ    難しい識別

 同じような姿をした鳥で名前が違う識別は、並んでくれないとわかりにくい。ムナグロとダイゼンはその典型である。

Photo_16

 これも出遭った瞬間はダイゼンと思って連写していたが、良くよく見てみるとムナグロかなと迷ったところである。

Photo_17

 調べてみると、その違いや識別などの方法がいろいろ書いてあるが、わかりにくいのと、ここがこんなに違うというポイントが難しそうである。

Photo_18

 一番覚えやすいのは、ベテランの方に細かく教えてもらうのがよさそうである。今までもそうすることによって自信を得てきた。

Photo_21

 ここでも、同じ姿なのになぜ名前が違うのか疑問の残るところである。ムナグロの方は、胸が真っ黒のなるので、外観からきてるなとすぐに納得できる。

Photo_20

 ところがダイゼンはというと、表意文字の漢字で書くと 「大膳」 になる。何か食事に関係してるところからの命名のようである。鳥見を続けていると、名前やその姿などまだまだ奥が深そうな気がするので、興味は尽きないところである。

 

« ミユビシギ    干潟を群れで | トップページ | メダイチドリ    干潟でのオレンジ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ムナグロ    難しい識別:

« ミユビシギ    干潟を群れで | トップページ | メダイチドリ    干潟でのオレンジ »