野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« オオタカ幼鳥  Ⅱ   おなかが空いたよ! | トップページ | アオサギ   見事な捕食 »

オオタカ幼鳥  Ⅲ  目つきは一人前?

 河原でオオタカ幼鳥の飛翔姿を眺めながら、自分で捕食すればいいのにと思っていると、すぐに飛び出して他の樹木に移ったがまた元の枝に戻ってきた。

Oot21

 親の持ってくる餌を待っているのは図星だが、そんな軟ではないよと言わんばかりの鋭い視線を向けてくる。

Oot22

 たとえ幼鳥でも目つきだけを見ていると、その鋭い眼光は生態系の頂点に君臨するオオタカだと思わせるものがある。

Oot23

 そうであればこちらの期待も狩りの場面である。下を流れる支流は濁りがなく水中の魚が見えるので、それを狙ったサギやホシゴイの姿が見える。

Oot24

 オオタカの場所からは見えないが、狩りの練習には十分な獲物がいるのである。そんな大物だけでなく、カワセミもいるよと教えてあげたいところである。

Oot25

 獲物と言えば本流にはカワウは群れでたくさんいるが、オオタカがカワウを狙ったところは見たことがない。魚を食べているので他の水鳥と変わらないと思うがなぜだろう?

Oot26

 そんなことを考えながら見ていると、鋭い眼光で睨まれてしまった。目つきは一人前になってきているので、近いうちに独り立ちの大物の狩りの場面がみられることだろうと、期待が残る河原のオオタカ幼鳥である。

 

« オオタカ幼鳥  Ⅱ   おなかが空いたよ! | トップページ | アオサギ   見事な捕食 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オオタカ幼鳥  Ⅲ  目つきは一人前?:

« オオタカ幼鳥  Ⅱ   おなかが空いたよ! | トップページ | アオサギ   見事な捕食 »