野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« コウノトリ   Ⅲ    飛翔 | トップページ | コウノトリ   Ⅴ   見事な飛翔 »

コウノトリ    Ⅳ    虫の居所が?

 コウノトリには 「良い子は背中に乗せて、悪い子は嘴に銜えて運んでくる」 という伝説がある。

Kont53

 背中に乗せるというのはなかなか難しいので、良い子が少なかったのかなとも思うが、動物たちは、子供を口に銜えて移動することがある。

Kont73

          仲よく歩くところも見せていたが?

Kont61

 そんな光景は、たまに多摩川などで見ることがある。鳥ではないが、タヌキのお母さんが子供を口に銜えて、土手の上を横切ったことがあった。

Kont62

 田んぼに降りたコウノトリはメスどうしであるが、仲がよさそうに田んぼの稲穂の中に頭を突っ込んで、イナゴでも撮っているのだろうか。

Kont63

 二羽そろって何か語り合いながら歩いていたかと思うと、田んぼからあぜ道に出ると、いきなり喧嘩が始まったようである。喧嘩というより子をあやす感じか?

Kont64

 たぶん田んぼの中では、餌の横取りに文句を言っていたのかもしれない。田んぼを出て表で決着をつけようとしたのだろう。

Kont65

 よほど虫の居所が悪かったのか、背の高い方は見下ろしたような態度で一撃のようである。それもそのはず片や脚の色から見ても、今シーズンの幼鳥のようである。

Kont66

 負けたもう一羽はすごすごと退散したが、広げた翼の姿はきれいであった。おとなしそうなコウノトリが見せてくれた採餌の教育の一場面である。

 

« コウノトリ   Ⅲ    飛翔 | トップページ | コウノトリ   Ⅴ   見事な飛翔 »

鳥見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/67129819

この記事へのトラックバック一覧です: コウノトリ    Ⅳ    虫の居所が?:

« コウノトリ   Ⅲ    飛翔 | トップページ | コウノトリ   Ⅴ   見事な飛翔 »