野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« コウノトリ    Ⅳ    虫の居所が? | トップページ | ダイサギ     食事中 »

コウノトリ   Ⅴ   見事な飛翔

 ダイサギなどはどこにでもいるが、もう少し警戒心が強いと思う。ところが希少価値のコウノトリは、思ったより人に対する警戒心は少ないと感じる。

Kont81

 それは足環に見える人工繁殖のコウノトリだからなのか。そう考えると、人工物であってもどこにでも平気でとまることが多い。

Kont141

 ”コウノトリの里”へ行ったときは、管理の人に、近くで野生のその姿を見つけたら、150mは距離をとって観察してください、と言われたことがある。

Kont142

 そういう意味ではここにいるコウノトリは、どんどん人に近づいて来たりする。目の前で飛び立った姿は、大きく前のめりのようにゆっくりと翼を広げて飛ぶ。

Kont143

 印象的な目の周りの赤い縁取りで、赤い脚をまっすぐ伸ばして、収穫間近の田んぼの稲穂の上を大きく羽ばたいて上昇していく。

Kont144
          八雲立つ山間を!

Kont145

 雨上がりの、八雲立つ山合いに向かってゆっくり飛ぶ姿は、墨絵にしたら素晴らしい作品になるだろうな、という感慨で見送ったコウノトリである。野生繁殖のコウノトリのきれいな飛翔姿が、どこでも見られるような自然環境を守りたいものである。

« コウノトリ    Ⅳ    虫の居所が? | トップページ | ダイサギ     食事中 »

鳥見」カテゴリの記事

コメント

幸せを運ぶコウノトリシリーズ、驚きながら楽しく見させて頂きました。絶滅、人工孵化、野生に…とニュースでは聞いていましたが、本当に増えているのですね。
少しずつでも自然が本来の姿を取り戻し、コウノトリだけでなく、多くの生き物たちが自然な姿で繁栄できたら良いなぁ~と思いました。八雲たつ山並の前を力強く羽ばたく姿は印象的でした。有り難うございます。

いとさとさんいつもありがとうございます。
生物でも絶滅危惧種が増えていますが、人間の力で指定が外されるものも増えてきました。逆に人間の生活が変化したのと野生の動物たちが、行動範囲を広げて美味しい食べ物を見つけて、人里に近づくようになってもいます。
人間も動物もお互いに自然界で生きているので、うまく共存共栄できることが理想ですが、どうなることでしょう。コウノトリも普通に出遭える日も近いと思います。
ペットブームの行く末なども気になるところですが、今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/67130126

この記事へのトラックバック一覧です: コウノトリ   Ⅴ   見事な飛翔:

« コウノトリ    Ⅳ    虫の居所が? | トップページ | ダイサギ     食事中 »