野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ジョウビタキ   若が到着 | トップページ | ジョウビタキ    落ち着かないオス »

ジョウビタキ    清楚なメス

 頬にあたる冷たい空気が心地よく感じる早朝、「ヒッ、ヒッ、ヒッ、・・・・カッ、カッ、カッ」 と聞こえるジョウビタキの鳴き声がする。

Jybm1

 いかにも私はここにいますよと言っているふうに聞こえる。たぶん越冬地の縄張りを決めてそれを宣言しているのだろう。

Jybm2

 よく見るとここにもメスが二羽同じ樹木の枝にいる。レンズを向けると一羽は下の藪に入ってしまったが、背中を向けているもう一羽はあたりを見回している。

Jybm3

 キビタキのメスに比べると、ジョウビタキのメスは背中の白い斑点が、紋付の着物を着ているように見えて、清楚な感じを与える。その紋もまだはっきりしていないので、若鳥だと言える。

Jybm4

 これもその色合いからすると娘さんかなと思う。この近くを歩いてみると、ジョウビタキの姿はメスが二羽、オスが二羽を確認できる。

Jybm5

 山から下りてきたばかりなのか落ち着きはないが、今シーズンのジョウビタキの季節が始まろうとしているようである。

Jybm6

 近くにオスの姿も見えるので、来春にはよき伴侶を見つけて繁殖地へと向かうのだろう。相方探しはじっくりと観察して、後悔の無いようにしたいものである。

 

« ジョウビタキ   若が到着 | トップページ | ジョウビタキ    落ち着かないオス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジョウビタキ    清楚なメス:

« ジョウビタキ   若が到着 | トップページ | ジョウビタキ    落ち着かないオス »