野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« キビタキ    仲良し? | トップページ | ヤマガラ   Ⅱ    せっせと運ぶ種子 »

ヤマガラ    エゴの実を

 誰もいない雨上がりの公園のコンクリート造りの擬木でできた階段を上っていると、コツコツコツという音が頭上から聞こえてくる。

Ymgr1

 見上げてみると高い樹木の枯れた横枝で、ヤマガラが木の実を突いている。後ろ向きなので良く見えないが、大好物のエゴの実だろう。

Ymgr2

 両足で抱えて嘴でコツコツと皮をむいている。たまにコゲラが樹木の幹を突いているのかなと間違えることがある。

Ymgr3

 皮をむいて中身の種子を取り出すと、嘴に銜えて貯蔵する場所に運んでいる。行き先を見ると藪の中の地面に降りていく。

Ymgr4

 よく見ると同じところに何羽ものヤマガラが運んでいるので、共同の貯蔵所かと思ってしまう。

Ymgr5

 同じようなところにそれぞれが餌をため込んで、越冬の準備を始めたのだろう。たまにはそれを忘れてしまうので、エゴの木の繁殖にも役立っているようである。

« キビタキ    仲良し? | トップページ | ヤマガラ   Ⅱ    せっせと運ぶ種子 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤマガラ    エゴの実を:

« キビタキ    仲良し? | トップページ | ヤマガラ   Ⅱ    せっせと運ぶ種子 »