野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« エゾビタキ     まだミズキの実が | トップページ | エゾビタキ   Ⅲ    ペアーで我が物顔 »

エゾビタキ  Ⅱ   美味しそうに啄む

 結構大きなミズキの木なのでその実はまだたくさん残っている。シジュウカラやメジロの混群は、一定の周期で移動しているようで、そのいなくなった時がチャンスである。

Ezb31

 留鳥たちに遠慮しながらの旅鳥は、反対側の森の高いところで様子を見ていて敵のいないときに降りてくる。

Ezb32

 ミズキを独り占めにしたエゾビタキは、おいしそうな実を選んで狙いを定めている。近くにあるものをとればいいのにと思うのは外野の考えである。

Ezb33
 敵のいないときはゆっくりと周りを見定めて、どれが良いか余裕をもって物色している。

Ezb34
          「どれにしようかな?」

Ezb35
          「これに決めた! エイッ」 と嘴を狙いの木の実に。

Ezb36
          「うまくとれたぞ!」 と、言ったかどうか満足げな表情。

Ezb37
 これ見よがしに喉元に運ぶ木の実を見せている。それにしても、やはり狙いはあって選んでいるんだろうなと、思わせる採餌の風景である。

 

 

« エゾビタキ     まだミズキの実が | トップページ | エゾビタキ   Ⅲ    ペアーで我が物顔 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エゾビタキ  Ⅱ   美味しそうに啄む:

« エゾビタキ     まだミズキの実が | トップページ | エゾビタキ   Ⅲ    ペアーで我が物顔 »