野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ジョウビタキ    壁と戯れ | トップページ | マガモ   渓流で »

イカルチドリ   早朝の河原で

 朝陽が上るのが遅くなりその上出る位置が低くなってきたので、横からの光が河原の大小の石ころをうかびあがらせる。

Ikrc1

 本命を狙って河原を歩くと、その石ころの間にいた擬態色のイカルチドリが飛び出す。低く飛んだと思うと少し先に降りて動かない。

Ikrc11

 たぶん今年の幼鳥なのだろうか、でもペアーでいる感じがする。足元は動かないでいるが、背後を警戒しているように見える。

Ikrc12

 河原を歩いて近づいていくが、それでも遠くには飛んで行かない。たぶん美味しい朝食のありかを見つけたのかもしれない。

Ikrc13

 河原の先の本流ではダイサギとカワウの大群が朝食中である。魚がたくさんいると思うので、ミサゴでも来てくれないかと期待する。

Ikrc14

 上空を見上げるとそんな気配もなく、遠く高い樹木の天辺にオオタカの姿がみえるだけである。足元のイカルチドリで我慢せざるを得ない早朝の河原であった。

« ジョウビタキ    壁と戯れ | トップページ | マガモ   渓流で »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イカルチドリ   早朝の河原で:

« ジョウビタキ    壁と戯れ | トップページ | マガモ   渓流で »