野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 第6回 「多摩の野鳥たち」 終了の御礼 | トップページ | 顔じゃないよ心だよ   シメ »

ワンマンでもマスゲームでも    カワラヒワ

 人の世界では地味であまり目立たないけど、よく見ると魅力的な人というのがいる。いぶし銀の魅力とでもいうのか。

Kwhw11

 鳥見をしている鳥の世界では、身近なところでそんな感じを受けるのはカワラヒワかなと思う。

Kwhw12

 一見色も茶系統の地味な色であるが、飛ぶ姿は広げた羽に黄色が目立ちきれいに見える。

Kwhw13

 特に群れで行動して一斉に飛び立つときはそれの極みである。そんなカワラヒワがペアーで採餌中である。

Kwhw14

 背後に控えたメスがオスを引き立て良い雰囲気を出している。単独でも群れでも見せ場を作ってくれる、カワラヒワが目立つ河畔の土手である。

 

« 第6回 「多摩の野鳥たち」 終了の御礼 | トップページ | 顔じゃないよ心だよ   シメ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワンマンでもマスゲームでも    カワラヒワ:

« 第6回 「多摩の野鳥たち」 終了の御礼 | トップページ | 顔じゃないよ心だよ   シメ »