野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 梅の枝どまりを期待して   ルリビタキ | トップページ | 合流点の決闘    ダイサギ »

久々のペアーで    ベニマシコ

 河原の土手を歩いていてもいつもハイタカ狙いなので、樹木の高いところばかりを見ている。

Bnmk1
          羽が傷んでいる?

 土手の上を上流から下流へと歩いてまた戻ってくる。会う人は、寒いせいか犬を連れて散歩する常連さん程度で人の姿も少ない。

Bnmkm1
           地味なメス

 厚い雲から太陽が出てくると寒さが和らぐのでほっとする。そんな土手の下の方から「ヒッホ、ヒッホ・・・」と消え入りそうなベニマシコの鳴き声が聞こえる。

Bnmk3


 もうすでに、ベニマシコはいなくなってしまったのかと思っていたので、うれしい鳴き声である。

Bnmkm3

 探してみると、土手下のいつもの枯れた草の実のある、こんもりとした藪の上にその姿は有った。Bnmk4

 オスは相変わらず嘴に草の実をつけて、周りを警戒しながらもぐもぐしている。近くには同じようなメスの姿もあり、久々のベニマシコのペアーとの出遭いであった。

 

« 梅の枝どまりを期待して   ルリビタキ | トップページ | 合流点の決闘    ダイサギ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久々のペアーで    ベニマシコ:

« 梅の枝どまりを期待して   ルリビタキ | トップページ | 合流点の決闘    ダイサギ »