野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 緑の背景も    イカル  Ⅱ | トップページ | 清楚なメスが突然に   ルリビタキ »

シメと混群     イカル   Ⅲ

 群れで動き回る鳥たちは混群であることが多いが、イカルの中にもシメが混ざっていることがある。

Ikr71

 同じアトリ科なので仲良しなのか、スタイルが似ているので親近感がわくのか、定かではないがよく一緒にいることが多い。

Ikr72

 シメの群れの中にイカルがいることは少ないが、イカルの群れにシメの姿を見ることはある。

Ikr73

 今シーズンはシメの群れは数多く見かけたが、イカルの群れは久しぶりである。結構警戒心が強く人の気配で飛び立ってしまう。

Ikr74

 それでも地面に落ちている木の実がおいしいのか同じところに降りてくる。そんな繰り返しをしながら、どんどん遠く離れていく。

Ikr75

 そろそろ公園の他の餌場に向かうのか、一斉に飛び立って後ろ姿だけを見せて木立の陰に消えてしまった。

Ikr76

 ところが公園の木製のベンチの陰に一羽だけ残っている。また戻ってくるよというサインなのか、取り残された一羽なのか聞耳頭巾をかぶって聞いてみよう。

« 緑の背景も    イカル  Ⅱ | トップページ | 清楚なメスが突然に   ルリビタキ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シメと混群     イカル   Ⅲ:

« 緑の背景も    イカル  Ⅱ | トップページ | 清楚なメスが突然に   ルリビタキ »