野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ドドドドッと母衣打ちの音     キジ | トップページ | 花ラッパの競演     続 ニューナイスズメ »

満開の寒桜を満喫    ニューナイスズメ

 今シーズンも早咲きの桜が満開になって、その花にニューナイスズメの群れが入れ替わり立ち代わりやってくるが、よそ者はつらいところである。
Nns5
 ここはヒヨドリの縄張りらしく、旅鳥のニューナイスズメは遠慮しながらの吸蜜作業である。時々ヒヨドリが脅かしに来る。
Nns11
 その都度逃げて近くの田んぼや樹木に避難している。数本ある桜並木の一本だけで遠慮しているにも関わらず、追い出されてしまう。
Nns1
 ほかの数本の樹木はヒヨドリが独占し、ニューナイスズメは一本の桜を中心に吸蜜をしている。中にはメスが来ることがあるので興味深い。
Nns15
 一般のスズメはオスもメスも同じスタイルで見分けるのは難しいが、ニューナイスズメはオスは普通のスズメとよく似ているが、頬の黒い斑点がないのが特徴である。
Nns5Nns2
 一方メスは茶色系が薄く、目の上に白い眉線のようなものがあり、オスとははっきりと違う装いである。春の日差しの下でのニューナイスズメ観察である。

« ドドドドッと母衣打ちの音     キジ | トップページ | 花ラッパの競演     続 ニューナイスズメ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドドドドッと母衣打ちの音     キジ | トップページ | 花ラッパの競演     続 ニューナイスズメ »