野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« たまには姿も     コジュケイ | トップページ | 子育ての息抜き     カイツブリ »

名残リさざんか    メジロ

 春の芽吹きが始まった公園の樹木、もう少しでやわらかい緑の小さな葉が開き始める。そんな中でいつも緑の葉を光らせている終わりのさざんかが赤い花を残していた。

Mjr1

 本命を待てども一向に姿を見せないので、そろそろ引き上げようかと隣に眼を向けると、メジロが吸蜜に来ていた。

Mjr2

 赤い花に緑の葉、その中にメジロのホワイトアイリングとその容姿が良く似合う。メジロに対してウグイス色というと怒られそうであるが、そんな装いである。

Mjr3

 すでにほとんどのさざんかの花が地に落ちてしまっているのに、残っている数少ないはなである。春に降る雪を名残雪というならば、赤いそれは名残りさざんかとでもいうんだろうか。

Mjr4

 最近はメジロも群れで動くよりは、ペアーで飛び回っている姿が目立つようになってきた。春なんだなーと感じるこのごろである。

Mjr5

 公園のどこでもさえずりの声が響き渡るようになってきたので、冬鳥の少なかったさびしい公園もにぎやかさが感じられるようになってきた。これからが楽しみである。

 

« たまには姿も     コジュケイ | トップページ | 子育ての息抜き     カイツブリ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« たまには姿も     コジュケイ | トップページ | 子育ての息抜き     カイツブリ »