野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 春の風に乗って    ダイサギ | トップページ | 春は名のみの寒風の中    タシギ »

力強い母衣打ち    キジ

 三寒四温という言葉を聞くと春が来るんだという今までのイメージが、ここのところの気候を見ていると冬に逆戻りのような日がやってくる。

Kij1

 多少寒くても冬のコートを脱いでも大丈夫かなと思っていると、一日の最高気温が一桁と言われる。すでに衣替えをしたコートをまた取り出すようである。

Kij2

 本命を狙って早朝から河原に出かけるが、なかなか姿を見せてくれない。春の陽射しに聞こえてくるのは、キジの「ケーン ケーン」という鳴き声と母衣打ちの音である。

Kij3

 広い河原の枯れた叢も若い緑が見え始めている。声は聞こえるが姿が見えないぞと探していると、キジのオスのきれいな赤い鶏冠と背中の紋様が見えた。

Kij4

 視界の効くところに出ると、縄張り宣言とメスへのラブコールか大きな声を張り上げる。そのまましばらくじっとしているので、次の母衣打ちを待ってみる。

Kij5

 これもなかなか見せてくれない。手持ちの望遠レンズは、狙って覗いている手がつかれる。そこでたまに一休みすることにする。

Kij7

Kij8

 しかし、いつもこの瞬間に飛ばれたり母衣打ちをされたりするので、一休みもすぐにスタンバイできる体制で待つことに。

Kij9

 オスのキジのこのパフォーマンスはいつも見られるので、そろそろ、メスの姿を見たいと思っているが、これもなかなか遭遇できないでいる。

Kij10

 結局本命は現れず、キジの母衣打ちだけの河原散策になってしまった。今週末はもう少し早めに挑戦しようと帰路に着いたのである。

« 春の風に乗って    ダイサギ | トップページ | 春は名のみの寒風の中    タシギ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春の風に乗って    ダイサギ | トップページ | 春は名のみの寒風の中    タシギ »