野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ツミの姿は見えないが    オナガ | トップページ | 身近で営巣    ツバメ »

僕の通り道     イタチ

 

 河原の土手を歩いていると、オナガの群れが騒がしい。出たり入ったりのオナガのいる森の下を見ると、イタチがちょこっと顔を出した。

Photo_16

 愛くるしい顔をしているが、お互いにびっくりした感じで顔を見合わせてしまった。前足を上げた立ち姿で周りを見回す。

Photo_17

 勝手が違うなという雰囲気で、来た道を戻ってしまったが、しばらく待っていると再び顔を出した。

Photo_18

 イタチは同じ道を通らないといわれているが、草を踏み分けたような細い獣道になっている。

Photo_19

 何度も顔を出すところを見ると、ここを通って土手を超えて川に行きたいのかもしれない。

Photo_20

 イタチは泳ぎが得意で水辺が好きである。しかし、どうしても水辺に行くには、土手下の舗装道路を横切らなければならない。

Photo_21

 そこを通るために様子を見ている感じがする。右見て、左みて安全を確かめて舗装道路を渡っていった。

Photo_23

 それにしてもかわいい顔をしたイタチである。昔話では人をだますともいわれているが、その毛皮は襟巻とか、毛筆などで重宝されているのである。いつまでも自然の中で、そのかわいい姿を見せてほしいものである。

 

« ツミの姿は見えないが    オナガ | トップページ | 身近で営巣    ツバメ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ツミの姿は見えないが    オナガ | トップページ | 身近で営巣    ツバメ »