野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 縄張り宣言と伴侶探し   続 オオヨシキリ | トップページ | 雛の姿を見せて    キジ »

交雑種ではかわいそう    コウライキジモドキ

 キジの第一子の成長が終わったようで、雛を連れて歩く姿を見ようと頑張るが、なかなか実現しない。

Krkj1

 そんな中この河原に現れて長居をしている謎の黒いキジは元気である。日本キジとも仲良く並んだりしているので、雑種ができてしまうのだろうか。

Krkj2

 羽の模様は高麗キジそのものであるが、首回りの白いリングが見当たらない。よく見るとそれらしきものはあるので、高麗キジとの交配種かと決めている。

Krkj3

 ただしずっと長いこと観察しているが、口は大きく開けるが声は聞こえないので、声が出ないのかもしれない。

Krkj4

 日本キジは第二子の準備に入っているのか、メスの前で派手にディスプレーを続けるが、メスに振り向いてももらえてない。

Krkj5

 それを良いことに、このコウライキジモドキはそのメスにモーションをかける。油断も隙もあったものではない。

Krkj6

 いずれにしても長く姿を見せてくれているので、機会あるごとにこのコウライキジモドキの観察を継続したいものである。

 

« 縄張り宣言と伴侶探し   続 オオヨシキリ | トップページ | 雛の姿を見せて    キジ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 縄張り宣言と伴侶探し   続 オオヨシキリ | トップページ | 雛の姿を見せて    キジ »