野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

オミナエシに映える   カラスアゲハ

  蜂を探して公園の花畑を歩くと、いつも迎えてくれるのはこのカラスアゲハである。

Photo_20190828101901

  いつもはキバナコスモスの群生地で飛び回っているが、カラスアゲハの歓迎の意思表示か、黒の装いと黄色の花で迎えてくれた。

Photo_20190828101902

  それも今日は黄色のオミナエシの花に絡んでくれている。カラスアゲハはどちらかというと翅の表よりも裏側がきれいである。

Photo_20190828102001

  黄色に黒い蝶でそのバランスは願ってもないが、その翅の裏側の赤い模様も見せてくれる。

Photo_20190828102002

  蝶や蜂はある程度気温が高くならないと、あまり活発に行動してくれないので、それを狙う方はたいへんである。

Photo_20190828102003

  熱中症を心配しながらも、きれいな花に留まってくれるとうれしいものである。

 

蜂に馬鹿にされた   続 続 カマキリ

  二度も捕食に失敗したカマキリは、性懲りもなく同じ体勢でじっと獲物を待つ。暑い中それを待っている身にもなってほしい。

Kmkr21

  捕食の下手なカマキリと見抜いた蜂たちは、その周りを我見よがしに飛び回る。カマキリもなめられたものである。

Kmkr22

  それでも草木の枝のようにじっと待っているが、蜂の中にもいたずら者がいるらしい。

Kmkr23

  じっとして、チャンスを待っているカマキリの背中をめがけて狙っている蜂がいる。カマキリと知っているのか、草花の枝と思ったのか?

Kmkr24

  カマキリの周りを飛び回っていたかと思うと、いきなり背中に飛び着いた。思わず不意を突かれたカマキリは、横になって応戦する。

Kmkr25

  背後から蜂に攻撃されたカマキリは、振り返って防戦するがあまり格好の良い姿ではない。蜂にまで馬鹿にされた、捕食の下手なカマキリ観察であった。

  

  

同じ失敗をまたもや    続 カマキリ

  陽射しがきつくなっていく公園で、カマキリの見事な採餌場面を見たいと、期待している方としては、汗を拭き拭きその時を待っている。

Kmkr11

  そのうちに黒っぽいハナバチがやってきた、これも近くに来るまでポーカーフェイスでじっと待つ。

Kmkr12

  やがて攻撃のチャンスが来たとばかりに素早く動いたが、鋭いその両脚の、のこぎりの歯のような中をくぐりぬけて飛び去ってしまう。

Kmkr13

  若いころから、同じ原因で同じ間違いをしてはいけないと教わってきた身としては、目の前のカマキリは処罰ものである。

Kmkr14

  本個体(カマキリ)も獲物にありつけず大変だろうが、見ている方の期待も裏切ってしまうので、事は重大である。

Kmkr15

  三度目の正直という言葉があるので、時間の許す限り待ってみることにして、次の攻撃チャンスに期待しているところである。

待ち伏せするが?    カマキリ

  黄色のオミナエシの花でじっと動かずに獲物を待つカマキリ。見ているとなかなか辛抱強いとみる。

Kmkr1

  やっと近くにハナバチがやってきたが、捕まえるチャンスを待つべくさらに近づくのを待っている。

Kmkr2

  これがチャンスとばかりに、いきなり鎌のような両足で蜂を捕獲する。

Kmkr3

  うまく捕まえたなと見ていると、敵もさるものでそのカマキリの両脚の間をうまくかいくぐっている。

Kmkr4

  両足で抑えながら、鋭い口で息の根を止めようとするが、蜂も抵抗をする。

Kmkr5

  そのうちにするりとカマキリから抜け出して、見事に餌食にならずに済んだのである。じっと待ってた割には、へたくそなカマキリの採餌場面であった。

ハスカワの舞台はできてるが   カワセミ

 今シーズンのハスは開花が遅く、場所によってはまだまだ見られそうである。花もきれいに咲いているところ、程よく蕾のところと花を被写体としても良い。

Hskw1

 そんなふうに舞台は出来上がっているのに、当のカワセミは留まりやすい固い蕾とか、枯れてしまったシャワーヘッドに良く止まる。

Hskw2

 早朝から待って期待しているのは、程よく開いた花の黄色の花芯に留まってくれると良いなと願っているのである。

Hskw3

 そんな願いとは裏腹に出演は一時間に一回程度で、ほとんどが固い蕾に姿を現すことが多い。

Hskw4

 それでも、蕾でもいいからハスの花に絡んでくれればありがたいところであるが、なかなか良いところに留まってくれないのは、カワセミ狙いの人ばかりではないことである。

Hskw5

 この蓮池には花の観賞用の木道が通っており、花の写真を撮る人は花に近づいていくので、カワセミも近づきがたいのである。

Hskw6

 それにカワセミは花を見に来ているのではなく、池の魚を狙ってきているので、獲物が良く見えるところに留まりたいのである。

Hskw7

 特に水が淀まないで小魚がたくさんいそうなところは、限られてくる。開いた花でのハスカワは実現しなかったが、最後には獲物も獲って見せてくれたので引き上げることにした。

 

やっと遭えた青い蜂   オオセイボウ

 出会える時は意外とあっさりとした出遭いになる。黄色の女郎花で待ってた時は、時間的制限もあったが三回の待ちぼうけ。

_dsc1553

 女郎花ではもう一種の青い蜂は、行くたびによく出てくれたので、もうルリモンはいいよという心境になってしまう。

_dsc1556

 なんのことはない、いつもの公園に蜂のたくさん集まる樹木があって、その花に蜂や蝶などが群がってくる。

_dsc1557

 「灯台下暗し」とはこういうことを言うのかと、わが公園をみなおしたのである。

_dsc1564

 その上その樹木の下で見上げると、たくさんの蜂がいるので、探していると鳥友さんが見つけてくれた。

_dsc1573

 朝の日にブルーが光って、どこに動いてもわかりやすい蜂である。

_dsc1578

 昇り始めた太陽の光なので、陰の部分と陽の当たる場所のコントラストが強すぎるのが残念である。

_dsc1579

 それでもずっと遭えなかったオオセイボウに遭えたので、シャッターの連写もリズミカルでうれしい限りである。

オミナエシが好き   ジガバチ

 本命を待つ間に良く姿を見せてくれるのはジガバチである。特徴としてはウエストが極端に細いことである。

Photo_20190821162701

 そしてそのおなかの部分がオレンジ色をしている。詳しく見るとそのおなかも3段に分かれていて、1段目と2段目がオレンジ色のものをサトジガバチというらしい。

Photo_20190821162702

 2段目だけが色のついているものが、ヤマジガバチと分類されているというが、これは意識してよく見ないと分かりずらい。

Photo_20190821162801

 そういう観点から見ると、この個体はサトジガバチに分類される。蜂は専門ではないので、ここではジガバチとして見ていきたい。

Photo_20190821162802

 待っている蜂は待ちぼうけであるが、この個体はよく姿を現す。よく観察すればヤマジガバチも混ざっていたのかもしれない。

Photo_20190821162803

 最近のスマホは非常に便利で、こういう現場での待ち時間でも、実物を見ながら名前や生態を調べることもできるのである。便利な世の中に感謝である。

 

紫のラベンダーが好き   ルリモンハナバチ

 そろそろ秋の渡りの話も聞こえるようになってきたが、公園を歩いていると短い夏を楽しんでいるように、ハナバチたちが姿を見せる。

Photo_20190821155701

 青い蜂を探しているが、肝心の狙いのブルーはなかなか姿を見せてくれない。

Photo_20190821155702

 同じブルーでも良く出てくれるのはルリモンハナバチである。もう終わりかけたラベンダーの花を次から次へと渡っていく。

Photo_20190821155703

 たまには黄色の花の方にも来てほしいと願っては見るが、わが想い通じず紫の花好みのようである。

Photo_20190821155704

 そういえば前回も同じ紫のアキノタムラソウだった。同じ色の花の蜜は同じような味がするのかどうか、紫色の花で出遭うことが多い。

Photo_20190821155705

 ただこのルリモンハナバチは、薄い紫色の花に濃いブルーの縞模様がきれいに映えるなと、感心しながら観察しているところである。

 

清流の生き物たち   鯉と鮎

 暑い暑いと言っていたらここ数日は涼しさを感じる。でも気温は34度、陽射しが無いだけで膚に感じる暑さはかなり違うようである。

Photo_20190820132204

 子供のころは30度を超えると暑いねと言ったような気がする。温度差は地域や周りの環境によっても違うが、日陰に入ると涼しさを感じたものである。

Photo_20190820132401

 そんななか、夏の夜空は飛び交う蛍でにぎわった清流を歩いてみると、きれいな澄んだ水が静かに流れている。

Photo_20190820132403

 その水中を覗いてみると、水中花の梅花藻の白い花が、その冷たい流れに身を任せている。

Photo_20190820132203

 水草の切れた水流にはたくさんの鮎だろうか、気持ちよさそうに泳いでいる。魚は切り身でしかわからない人が鮎だといっても信じがたいが?

Photo_20190820132402

 少し下流に歩いてみると、思わず手を差し入れたくなる低い流れはすごく冷たい。その澄んだ流れにも鯉がたくさん泳いでいる。

Photo_20190820132202

 魚の姿が見えるのと、その泳ぐ影が水底に移るのがさらに涼しさを倍加してくれるのである。猛暑の中、一服の涼を求めた散策である。

青を待って赤が来る   ハラアカヤドリハキリバチ

 交通信号では、赤で待って青になったら進めである。この公園のオミナエシは花の色は黄色なので、次は赤い蜂がやってきた。

Hrakydr1

 待っている青い蜂は姿を見せることもあるが、長居をしないのでファインダーに収まる前に他に行ってしまう。

Hrakydr2

 黄色の花でゆっくりしている赤い蜂を観察してみた。この蜂の名前もなかなかすぐには覚えられそうもない。

Hrakydr3

 名前からして葉を切ることと他の蜂に寄生しそうである。調べてみると名前の通り、バラの葉や柿の葉などをきれいに丸く切り取って、それを壁や竹などに詰め込んで巣を作るらしい。

Hrakydr4

 葉を切り取る作業は職人芸といわれているが、まだ見たことはない。その職人芸で巣を作るといわれているが、これもオオハキリバチの巣に寄生して子育てをするらしい。

Hrakydr5

 蜂も調べていくと結構奥が深そうである。鳥の少ない夏は蜂の観察に力を入れてみようと思うこのごろである。

 

 

メタリックグリーンが鮮やか   続 ミドリセイボウ

 強い陽射しの中を待っていたので、グリーンメタリックが目の前にきたときはホッとしてうれしくなった。

Mdrsb11

 額から流れ落ちる汗を拭きながら待っているのも楽ではない。本来はマクロを持って来ればよかったが、望遠しかないのでそれで我慢した。

Mdrsb12

 飛べる羽根をもっている昆虫や鳥はどこに出るかもわからないので、習性を調べてそこで待つのが一番である。

Mdrsb13

 昆虫に疎い私は、それに詳しい仲間の情報で助かっている面が多分にある。鳥友さんに感謝である。

Mdrsb14

 鳥でもトケン類のように托卵で子孫を残していくという素晴らしい生態系があるかと思ったら、蜂の世界でも同じようなことがあるのだと教えてもらった。

Mdrsb15

 まさに目の前にいるこのきれいなメタリックグリーンは、他の蜂が給餌をして空を飛べるようになっているんだなと改めて感心しているところである。

 

青を探して緑に遭う   ミドリセイボウ

 公園の黄色のオミナエシの花に青い蜂が来ているというので、暑い中を早朝から挑戦してみた。

Mdrsb1

 待てど暮らせどたくさんの他の蜂たちは来てくれるが、本命はなかなか現れない。どこでもそうだが「昨日はいたんだけどね」というなぐさめの言葉。

Mdrsb2

 この暑さでは慰めにもならないが、近くにミドリセイボウが出ているというので、元気を出してそちらに向かってみた。

Mdrsb3

 しばらくすると宿主さんのルリジガバチがやってきたので期待して待っていると、緑色光沢のミドリセイボウが姿を現した。

Mdrsb4

 ミドリセイボウはこのルリジガバチの巣に寄生して卵を産み付けるらしい。ルリジガバチの巣穴を探して動き回るミドリセイボウはきれいな色をしている。

Mdrsb5

 交通信号では、青も緑も同じ扱いをしているので、青を待っていたがきれいな緑が出てくれたので、青は次回の楽しみにして今回は満足することしよう。

 

 

巣立ちはしたけれど   ツバメ

 猛暑日、涼を求めて田んぼのあぜ道を歩いていると、青い空の方からにぎやかに鳥の鳴き声が聞こえる。

Photo_20190819142901

 青い空を見上げると、親の給餌を待っているツバメの幼鳥である。親鳥が近くを飛ぶと、餌を求めて一斉に鳴きだす。

Photo_20190819142902

 電線に仲よく並んでいたと思ったら、相手を蹴落としてでもわれ先にと嘴をだす。

Photo_20190819142903

 そんな光景を見ながらも親鳥は、早く一人前に自分で餌を獲れるようにと、一生懸命それを促すだけである。

Photo_20190819142904

 親鳥が近づくとそれにならって飛び出しては見るが、すぐに電線に戻ってくる。

Photo_20190819142905

 青い空に5本の電線が下がっていて、よく見ると五線譜のように見える。並び方は高い「ファレレ」で並んでいる。鳴き方をもう一度よく聞いてみると、そんな鳴き方にも聞こえる炎天下である。

 

でおくれた猛暑日   セッカ

 連日の猛暑日は早朝から河原を歩こうと決めているが、昼夜の冷房にすっかりなじんで出遅れてしまった。

_dsc0734

 冷房の効いた部屋にいると、汗も出ないので健康に悪いなと陽ざしの昇った河原に向かった。

_dsc0736

 さすがに暑く汗はすぐに額から目に染みてくる。最初のうちはその汗を拭きながら歩いていたが、きりがないのでバンダナで鉢巻きにして流れる汗を防ぐ。

_dsc0738

 せめてカワセミでもいないかと思って歩いていると、遠く川の流れに獲物を狙っているダイサギが一羽である。

_dsc0746

 誰もいない鳥さえいない河原を引き上げようとすると、慰めてくれるようにセッカが姿を見せてくれた。

_dsc0752

 久しぶりのセッカなので、出遭いのうれしさと、坊主を免れた感謝の猛暑日の河原であった。

 

水をかぶったような幼鳥   ホオジロ

 

 雨上がりの早朝、日差しはでてきたが足元は濡れている。蜂が目当てなので、目線はあまり足元を見ない。

_dsc0407 

 そんな草むらから飛び出してきたのは、ホオジロの幼鳥である。鳥をあまり期待していなかったので、飛び出したときは何だろうと結構判断が難しかった。

_dsc0406

 まるで水浴びでもしてきたかのようなずぶ濡れのスタイルである。

_dsc0419

 花畑の木の杭にとまると、あたりを見ましている。そのうちに親鳥と思われるホオジロの成鳥が飛びだした。

_dsc0421

 やはり幼鳥を庇いながら近くにいたらしい。そのうちに親鳥が草むらに降りると、幼鳥もあとを追うように同じところにもぐってしまった。

 

花と戯れ   カラスアゲハ

 全身真っ黒で面白みのないカラスアゲハも、黄色やオレンジ、中には赤いコスモスの花がある花畑では、その姿が際立っている。

_dsc0002

 見ていると比較的同じところの花にとまることが多いので、おいしい花は決まっているのかもしれない。

_dsc0086

 本命は違う蜂を狙っているのだが、なかなか登場してくれない。待ち時間に公園の花たちを一回りすると、目立つのはカラスアゲハである。

_dsc0096

 蜂にしてもいろいろ名前も知らない蜂たちは、目の前に盛んに姿を見せるのだが、狙いの本命は奥ゆかしい。

_dsc0098

 それでも最低一時間半は待ってみるのだが、同じ狙いの同好の士が姿を現すだけである。

_dsc0101

 今日はあきらめて捲土重来を期してと、慰めてくれるのは地味なカラスアゲハである。ありがたきかなカラスアゲハよ。

花を独り占め    アオスジアゲハ

 公園に広がるキバナコスモスの群生、キバナコスモスといっても濃いオレンジ色などがまじりあってきれいに咲いている。

_dsc0206

 こんな中にはたくさんの蝶や蜂などがいるだろうと、勇んで近づいてみる。

_dsc0232

 ゆっくりと花畑の周りを歩いてみるが、それらしき姿は見えない。一回りを終えると花を独り占めしているのは、アオスジアゲハである。_dsc0241

 それこそ花から花へと、優雅にゆっくりと吸蜜活動を続けている。これだけの花があれば、一日中楽しめるといわんばかりである。

_dsc0243

 幸いそれを観察しているほうも早朝とはいえ、曇り空なので助かっている。

_dsc0247

 アオスジアゲハの黒に青い色がひときわ際立って、黄色やオレンジの花の色に映えている。ほかの仲間も来てほしいなと待っている花畑である。

 

涼しさを呼ぶ   ハグロトンボ

 農道のわきの小さな水路にイトトンボの姿が見える。翅の動きと体の線の細さが、なんとなく涼しさを感じさせる。

_dsc9779

 今が盛りのイトトンボ、いるところには何頭もいることがあるが、珍しい種類に出会いたいなと思うので、普段はあまり振り向かない。

_dsc9793

 ここにいるのも、どこにでもいるハグロトンボであるが、見ていると、すぐに飛んでまた戻ってきたので狙ってみた。

_dsc9795

 ハグロトンボは翅を閉じてじっとしていることが多いが、定期的に大きくそれを開いて見せることがある。

_dsc9796

 このトンボの魅力は、陽の光によって見え方が違う緑色の金属光沢の長く細い尾である。

_dsc9797

 ちょうど水の流れの中にある、水草の葉の上にとまってくれている。最近は人工物にとまることが多いので、こういう光景は好きである。

_dsc9799

 なんの変哲もないイトトンボのハグロトンボであるが、早朝の暑さしのぎに一役買ってくれたところである。

 

痛々しい翅    モンキアゲハ

 暑くなる前に少しでも涼しいところをと、谷戸の農道を上流へと歩く。並んで流れるせせらぎも、だんだんと水量が少なくなっていく。

_dsc9676

 その突き当りに小さな池があって、早朝からオオシオカラトンボがたくさん飛び交っている。

_dsc9680

 池の周りには木の板で柵がしてあり、格好の湿地になっている。その湿地に翅の傷んだモンキアゲハが水分補給に降りてくる。

_dsc9703

 普段なら少し羽をパタパタさせて水を飲むと飛び立ってしまうが、かなり長い間水分補給に費やしている。

_dsc9711

 同類との縄張り争いなのか、それとも天敵の攻撃にあったのか、その痛みは激しい。

_dsc9725

 羽を広げて飛び回るとき以外は、それがモンキアゲハだとはわからないぐらいである。

_dsc9732

 傷んだ翅を癒しているのか、この暑さに水分をたくさん補給しているのか、谷戸の湿地でのチョウの観察である。

 

幸せを呼ぶ青い蜂    ルリモンハナバチ

 暑い暑いと言ってるうちに、立秋が過ぎてからセミの鳴き声が変わってきた。アブラゼミの声からミンミンゼミの声が大きく聞こえるようになってきた。

_dsc9299

 それと同時に玄関前の通路には、おなかを上に向けて、静かにしているアブラゼミの姿が目立つ。

_dsc9321

 死んでいるのかと思って拾い上げてみると、元気に飛び出していくものもある。

_dsc9330

 夜の外灯に集まってくるのか、早朝のこの通路にはたくさんの昆虫がいる。

_dsc9350

 セミはもちろん、カナブン、クワガタ、ヒラカタクワガタなど。たまにカブトムシなどもいることがある。そんな早朝の通路を公園に向かってみた。

_dsc9524

 久々に公園を歩いてみたら、アキノタムラソウの群生地があった。この花はルリモンハナバチが好きなので、しばらく待ってみることにした。

_dsc9528

 そうしたら期待に応えてすぐに姿を見せてくれた。「幸せの青い蜂」といわれているブルービーである。何年振りかの出遭いでうれしくなって、かなり連写してしまった。

ハスの開花を待つ   シオカラトンボ

 7月の日照時間の少なかったせいか、ハスの花の開花がいつもより遅れている感じがする。

Photo_20190808114801

 三回目の正直で少し花開いたハス田に足を運んでみた。少しは被写体になりそうな風景になっていた。

Photo_20190808114802

 まだ固い蕾はトンボが留まりやすいのか、シオカラトンボのオスとメスが翅を休めている。

Photo_20190808114803

 本来はカワセミなどの野鳥であってほしかったのだが、この場はそれを期待できそうもない。

Photo_20190808114804

 時々スズメが来てくれるが、なかなか絵にならない。自分の腕をたなに上げて、雀のせいにしてしまう。

Photo_20190808114805

 ここのシオカラトンボはじっとしているので、こちがら動いて角度を変えるしかない。それでもよき被写体になってくれたトンボである。

樹液を楽しむ虫たち   コムラサキ

 河原の雑木林の中を歩いていると、クヌギやコナラなどの樹木に虫たちが群がっていることがある。

Photo_20190807143501

 よく見ると、カナブンやシロテンハナムグリなどで、近くにコムラサキなどの蝶もいる。それぞれが共存共栄というところか。

Photo_20190807143601

 これらの樹木は春から秋にかけて樹液をたくさん出す。樹液は樹木の養分が外にしみ出したものである。

Photo_20190807143602

 それが発酵すると甘酸っぱいお酒のようなにおいがするので、「樹液酒場」などと言われ。虫たちが集まってくるのである。

Photo_20190807143603

 この樹液は栄養的にカロリーが高いので、虫たちにとっては格好の餌場になっているのである。子供のころは、こんなところでカブトムシやクワガタなどを捕ったものである。

Photo_20190807143604

 後から分け入ったコムラサキも動きながら樹液に近づいていくが、その角度によって翅が青く光って見えるのである。この次は国蝶のオオムラサキに期待したいところである。

 

 

豪華な給餌   カイツブリ

 黄緑色に光る猛暑日の池、カイツブリの子供たちもかなり大きくなったが、まだゼブラ模様が残っている。

Photo_20190806110101

 静かな水面を優雅に飛んでいるのはギンヤンマである。いつもなら連結で飛んでいることが多いが、単独なので動きが素早い。

Photo_20190806110102

 そんなスピードで動くギンヤンマが水面近くを飛ぶと、それをカイツブリが狙う。

Photo_20190806110103

 まさかカイツブリがトンボを捉えるとは思わなかったが、少し眼を放したすきにそれがカイツブリの嘴にいるではないか。

Photo_20190806110104

 ギンヤンマを銜えて子供たちに向かうと、子供たちはわれ先にと親鳥からもらうべく急ぐ。

Photo_20190806110201

 子供に渡した親鳥はそれを見ているだけであるが、ギンヤンマの食事は少し贅沢ではないかと思うのは私だけだろうか?

オリベスク   それぞれのトンボ

 公園では、いかにも暑そうに日陰の地面に降りて口を大きく開けて呼吸をしているハシブトガラス。

Photo_20190806103102

 この暑さでは黒装束は応えるだろうと、涼しげな雰囲気だけでも味わおうと池の端に座る。

Photo_20190806103101

 池でも尾を高く上げて、枯れた蓮のシャワーヘッドで暑さをしのいでいるのは、トンボたちである。

Photo_20190806103001

 体に直射日光が当たる面積を少なくするための行動で、オリベスク姿勢というらしい。トンボの熱中症予防策なのだろうか?

赤と黒   ショウジョウトンボとタイワンウチワ

 猛暑日の公園の池で、オベリスク姿勢を撮り続けるタイワンウチワヤンマの尾に留まろうとするショウジョウトンボ。

Photo_20190806101201

 タイワンウチワはわれ関せずと言わんばかりにじっとしている。

Photo_20190806101202

 そこにやってきたのは、知ってか知らずかショウジョウトンボ、タイワンウチワの尾が小枝に見えたのかそこに留まろうとする。

Photo_20190806101203

 見ていると、一瞬留まって同じくオベリスク姿勢を獲ろうとする真っ赤なショウジョウトンボ。

Photo_20190806101301

 タイワンウチワは、赤は嫌いなのか高く伸ばした黒と黄色の尾を振り上げて赤を弾き飛ばした。

Photo_20190806101302

 ショウジョウトンボは知っていて止まったのか、それともタイワンウチワをおちょくっているのか、再度の止まり木に挑戦するのであった。

Photo_20190806101303

 往年に読んだ記憶があるスタンダールの「赤と黒」を思い出しながら、汗を流して目の前のトンボの赤と黒の戯れを観察している公園の池の端である。

 

暑さしのぎにお尻を上げて  タイワンウチワヤンマ

 子供のころは虫かごを肩からかけて、得意になって歩くのは、中にトンボではオニヤンマ、その他ではカブトムシがいるときである。Photo_20190805132301

 そのころは大きくて黒と黄色の縞模様であれば、何でもオニヤンマだと思っていた。

Photo_20190805132401

 ところがこれが田んぼの水のあるあぜ道などを飛び回るのであるが、なかなかすばしこく、簡単には止まってくれないので捕まえるにはてごわいのである。

Photo_20190805132402

 大人になって鳥見をするようになって、夏場の鳥のいない時期になると、蝶やトンボなどの昆虫とか花を被写体にするようになる。

Photo_20190805132403

 そのおかげか、昆虫類に詳しくなってゆくと、オニヤンマの類にはたくさんの種類がいることがわかり、またそれにのめりこんでいくのである。

Photo_20190805132404

 最近の気候の変化のせいか、台湾にいるというタイワンウチワヤンマが北上しているといわれている。

Photo_20190805132405

 そういわれてみると、何頭かのその姿が池の上にみえる。あまりの暑さにお尻を上げているのかと思ったら、縄張り宣言をしているのだという説もある。そんなトンボの観察をしている猛暑日である。

 

きれいな飛翔   続 続 チョウトンボ

 

 そのきれいな翅で飛ぶところをファインダーに収めてから帰ろうと、池の上を飛び回るチョウトンボを追いかける。

_dsc8257

 一頭を追いかけていると、いつの間にかもう一頭が現れて追いかけまわす。これも縄張りを宣言しているのか、一頭はすごすごと退散する。

_dsc8260

 正面からはなかなか良い場面は撮れないで、いつの間にか背後からになってしまう。

_dsc8262

 横向きの時はちょうど光線の加減がよいので、その色がよく出ている。

_dsc8264

 たまたま池の上で近くの背後に何もないので、歩留まりは良かったと思う。

_dsc8267

 これがハスの花や葉がいっぱいだと、そちらにピントをとられてしまい、思うようにいかないものである。

_dsc8906

 本来は緑の背景に輝いて飛ぶチョウトンボが理想なのであるが、次回に期待することにする。

 

 

 

魅力を満喫    続 チョウトンボ

 今シーズンは異常気象が多かったせいか、チョウトンボも昨年よりは少ないようである。

_dsc8662

 4月5月の気候が影響しているのではないかと、公園の管理の人は言っている。

_dsc8670

 そう言われれば、このひつじ草の咲く池には昨年はたくさん飛んでいたことを思い出す。

_dsc8667

 それでも気温が高くなって、トンボたちが元気に飛び回るようになった。

_dsc8692

 チョウトンボの魅力は、何といっても黒っぽい翅が、光の加減でメタリック職に輝くことである。

_dsc8706

 そんな光景をよく見せてくれるので、暑い中をやってきた甲斐があったというものである。

翅の光沢に魅せられる     チョウトンボ

 真夏日が続く週末、それでも早朝の涼しい時には鳥を追いかけて河原を歩いてみるが、とにかく暑い。暑くなるとトンボは元気だ。

_dsc8217

 どうせ暑い中を歩くなら、間違いなく狙いのものがいるところがよいだろうと、トンボのいるところに向かう。

_dsc8356

 しかしここも容赦なく太陽が照り付ける。少し日陰になったところで蓮池を飛び回るチョウトンボを待つ。

_dsc8362

 数分したら目の前を飛んでくれたが、なかなか良い場面を見せてくれない。

_dsc8365

 少し場所を変えて日陰で狙えるところに行って、じっくりと待つことにした。光線の関係はあまりよくないが、3頭のチョウトンボが、飛び交ってくれた。

_dsc8364

 飛翔時や草などにとまったときは、その魅力的な金属光沢の翅を見せてくれる。日差しはないのでゆっくりとその姿をファインダーに収めることができた。

 

縄張り争いか?   続 カワセミ幼鳥

 親子で採餌をしている河原で、縄張り争いなのかカワセミの幼鳥が激しくバトルを見せてくれた。

Photo_20190730154401

 先に獲物を探していたカワセミの上に、文句を言いながらもう一羽が降りてきた。

Photo_20190730154402

  「おれの漁場だぞ!」「つべこべ言わずにどけろ」

Photo_20190730154403

  「何言ってるんだ」

Photo_20190730154501

  「そんなら力づくでも」

Photo_20190730154502

  「そっちがその気なら」

Photo_20190730154503

  「こちらにも覚悟があるぞ」

Photo_20190730154504

  「それではこれを受けてみろ」

Photo_20190730154505

  「わかったよ、負けたよ」

Photo_20190730154506

 背景はあまり見栄えが良くなかったが、幼鳥たちの生き抜くための真剣な戦いであった。、

 

 

独り立ちの漁     カワセミ

 鳥見を始めた原点は、カワセミのあのコバルトブルーが水に飛び込むことであった。

Photo_20190729134501

 それではと、巣立ったカワセミの幼鳥たちは、その後どうしているかと様子を見に行った。

Photo_20190729134502

 河原を覗いてみると三羽のカワセミの幼鳥と親鳥一羽が、「チチチチーッ」と鳴きながら飛び交っている。

Photo_20190729134503

 まだお腹の色が黒く見える幼鳥は、近くの水たまりに飛び込んでは小さな川エビを獲っているようである。

Photo_20190729134504

 水に飛び込んで上がってくるときに、嘴に何も見えないのでへたくそだなと思っていると、小さな川エビを銜えている。

Photo_20190729134505

 それを一人前に石にたたきつけて弱らせている。そのまま飲み込んでしまってもよさそうな獲物である。

Photo_20190729134601

 そんな独り立ちしようと努力をしているカワセミを見ていると、早く大人になってきれいなコバルトブルーを見せてほしいと思うのである。

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »