野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 青を待って赤が来る   ハラアカヤドリハキリバチ | トップページ | 紫のラベンダーが好き   ルリモンハナバチ »

清流の生き物たち   鯉と鮎

 暑い暑いと言っていたらここ数日は涼しさを感じる。でも気温は34度、陽射しが無いだけで膚に感じる暑さはかなり違うようである。

Photo_20190820132204

 子供のころは30度を超えると暑いねと言ったような気がする。温度差は地域や周りの環境によっても違うが、日陰に入ると涼しさを感じたものである。

Photo_20190820132401

 そんななか、夏の夜空は飛び交う蛍でにぎわった清流を歩いてみると、きれいな澄んだ水が静かに流れている。

Photo_20190820132403

 その水中を覗いてみると、水中花の梅花藻の白い花が、その冷たい流れに身を任せている。

Photo_20190820132203

 水草の切れた水流にはたくさんの鮎だろうか、気持ちよさそうに泳いでいる。魚は切り身でしかわからない人が鮎だといっても信じがたいが?

Photo_20190820132402

 少し下流に歩いてみると、思わず手を差し入れたくなる低い流れはすごく冷たい。その澄んだ流れにも鯉がたくさん泳いでいる。

Photo_20190820132202

 魚の姿が見えるのと、その泳ぐ影が水底に移るのがさらに涼しさを倍加してくれるのである。猛暑の中、一服の涼を求めた散策である。

« 青を待って赤が来る   ハラアカヤドリハキリバチ | トップページ | 紫のラベンダーが好き   ルリモンハナバチ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 青を待って赤が来る   ハラアカヤドリハキリバチ | トップページ | 紫のラベンダーが好き   ルリモンハナバチ »