野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 紫のラベンダーが好き   ルリモンハナバチ | トップページ | やっと遭えた青い蜂   オオセイボウ »

オミナエシが好き   ジガバチ

 本命を待つ間に良く姿を見せてくれるのはジガバチである。特徴としてはウエストが極端に細いことである。

Photo_20190821162701

 そしてそのおなかの部分がオレンジ色をしている。詳しく見るとそのおなかも3段に分かれていて、1段目と2段目がオレンジ色のものをサトジガバチというらしい。

Photo_20190821162702

 2段目だけが色のついているものが、ヤマジガバチと分類されているというが、これは意識してよく見ないと分かりずらい。

Photo_20190821162801

 そういう観点から見ると、この個体はサトジガバチに分類される。蜂は専門ではないので、ここではジガバチとして見ていきたい。

Photo_20190821162802

 待っている蜂は待ちぼうけであるが、この個体はよく姿を現す。よく観察すればヤマジガバチも混ざっていたのかもしれない。

Photo_20190821162803

 最近のスマホは非常に便利で、こういう現場での待ち時間でも、実物を見ながら名前や生態を調べることもできるのである。便利な世の中に感謝である。

 

« 紫のラベンダーが好き   ルリモンハナバチ | トップページ | やっと遭えた青い蜂   オオセイボウ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 紫のラベンダーが好き   ルリモンハナバチ | トップページ | やっと遭えた青い蜂   オオセイボウ »