野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 痛々しい翅    モンキアゲハ | トップページ | 花を独り占め    アオスジアゲハ »

涼しさを呼ぶ   ハグロトンボ

 農道のわきの小さな水路にイトトンボの姿が見える。翅の動きと体の線の細さが、なんとなく涼しさを感じさせる。

_dsc9779

 今が盛りのイトトンボ、いるところには何頭もいることがあるが、珍しい種類に出会いたいなと思うので、普段はあまり振り向かない。

_dsc9793

 ここにいるのも、どこにでもいるハグロトンボであるが、見ていると、すぐに飛んでまた戻ってきたので狙ってみた。

_dsc9795

 ハグロトンボは翅を閉じてじっとしていることが多いが、定期的に大きくそれを開いて見せることがある。

_dsc9796

 このトンボの魅力は、陽の光によって見え方が違う緑色の金属光沢の長く細い尾である。

_dsc9797

 ちょうど水の流れの中にある、水草の葉の上にとまってくれている。最近は人工物にとまることが多いので、こういう光景は好きである。

_dsc9799

 なんの変哲もないイトトンボのハグロトンボであるが、早朝の暑さしのぎに一役買ってくれたところである。

 

« 痛々しい翅    モンキアゲハ | トップページ | 花を独り占め    アオスジアゲハ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 痛々しい翅    モンキアゲハ | トップページ | 花を独り占め    アオスジアゲハ »