野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« やっと遭えた青い蜂   オオセイボウ | トップページ | 待ち伏せするが?    カマキリ »

ハスカワの舞台はできてるが   カワセミ

 今シーズンのハスは開花が遅く、場所によってはまだまだ見られそうである。花もきれいに咲いているところ、程よく蕾のところと花を被写体としても良い。

Hskw1

 そんなふうに舞台は出来上がっているのに、当のカワセミは留まりやすい固い蕾とか、枯れてしまったシャワーヘッドに良く止まる。

Hskw2

 早朝から待って期待しているのは、程よく開いた花の黄色の花芯に留まってくれると良いなと願っているのである。

Hskw3

 そんな願いとは裏腹に出演は一時間に一回程度で、ほとんどが固い蕾に姿を現すことが多い。

Hskw4

 それでも、蕾でもいいからハスの花に絡んでくれればありがたいところであるが、なかなか良いところに留まってくれないのは、カワセミ狙いの人ばかりではないことである。

Hskw5

 この蓮池には花の観賞用の木道が通っており、花の写真を撮る人は花に近づいていくので、カワセミも近づきがたいのである。

Hskw6

 それにカワセミは花を見に来ているのではなく、池の魚を狙ってきているので、獲物が良く見えるところに留まりたいのである。

Hskw7

 特に水が淀まないで小魚がたくさんいそうなところは、限られてくる。開いた花でのハスカワは実現しなかったが、最後には獲物も獲って見せてくれたので引き上げることにした。

 

« やっと遭えた青い蜂   オオセイボウ | トップページ | 待ち伏せするが?    カマキリ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やっと遭えた青い蜂   オオセイボウ | トップページ | 待ち伏せするが?    カマキリ »