野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« トライアスロンではないけれど  続 続 キツネ | トップページ | これでも花がらみ   セッカ »

君はどこへ行くのか   続 続 続 キツネ

 アオサギやカワウの縄張りの中州にいてもどうも居心地が悪い。餌を探しても石ころばかりで、魚さえ転がっていない。

Ktn31

 遠くを見やればカワウが羽を大きく広げて、こちらにおいでよとからかっている。腹の中では、本来ならばお前はすでに餌食になっているぞと、キツネは思っている。

Ktn32

 キツネもどう考えてもこの状況では何もできない。追いかけてもカワウには羽があるから、川の上に飛んでしまえばお手あげである。

Ktn33

 時々遠くを見るようなまなざしで、対岸を見ている。多分ねぐらは対岸にあったに違いない。ひょっとすると今回の多摩川の増水でねぐらが流されてしまったのではないだろうかと心配する。

Ktn34

 それでも石ころだらけの狭い中州を、行ったり来たりと動き回ってみるが、得るものは何もなさそうである。

Ktn35

 それでは、元気を出してもうひと泳ぎして、対岸に渡るしかないかなと考えている。そのうちに姿が見えなくなってしまった。かなり遠いところにいるので、ちょっと目を離したすきに再び泳いで対岸に向かったようである。

 

 

« トライアスロンではないけれど  続 続 キツネ | トップページ | これでも花がらみ   セッカ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トライアスロンではないけれど  続 続 キツネ | トップページ | これでも花がらみ   セッカ »