野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« そんなにしなくても楽に採れるのに  続 続 ヤマガラ | トップページ | 負け惜しみの飛翔   続 カワセミ »

コバルトブルー魅力の背中  カワセミ

  いつもこの土手を通ると、きれいなコバルトブルーの背中を向けたカワセミが必ずいる。

Kwsm1_20191001150601

  時々後ろを振り返って顔を見せてくれるが、ほとんど背中である。

Kwsm2_20191001150601

  背中が一番きれいだからそれでもいいのだが、やはり表情が入らないとうまくない。

Kwsm3_20191001150701

  それがやむを得ないのは、川の水面に向かって獲物を狙っているから、しょうが無いのであるが?

Kwsm4_20191001150701

  その上人工物の堰堤に留まっているので、絵になりにくい。そこで、せめて近くの花や草を入れてみるがどうか?

Kwsm5_20191001150701

  それでも時々目の前の川に飛び込んで採餌を見せてくれるのだが、成果は乏しい。

Kwsm6_20191001150701

  そう思っていると、珍しく川の中の流れにある石の上に留まって獲物を探し出した。 カワセミの漁の瞬間を待ってみるが、なかなかそのチャンスを見せてくれない。ホバリングもしてみせるが、背景が水の流れなのでそちらにピントガとられてしまう。じっと成功を待ってみることにする。

« そんなにしなくても楽に採れるのに  続 続 ヤマガラ | トップページ | 負け惜しみの飛翔   続 カワセミ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« そんなにしなくても楽に採れるのに  続 続 ヤマガラ | トップページ | 負け惜しみの飛翔   続 カワセミ »