野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

オスを呼ぶメス?   ジョウビタキ

 最近はどこでもジョウビタキのメスをよく見かけるようになった。山に雪が降り始めて、里に下りてきた個体が多くなったのかもしれない。

Jbtk1

 今までの経験から言うと、冬鳥たちが姿を見せるのはメスが早めに姿を現し、そのうちにオスの姿が増えてくることが多かった。

Jbtk2

 いつもの河原でも、ジョウビタキのメスはあちこちで見られる。きれいなオスに遭いたいなと思って歩いているが、なかなかかなわない。

Jbtk3

 メスが尾を振りながらおちょぼ口を開けて何かさえずっているのか、近くを飛びながら枯れた草の太い茎にとまって同じ動作をする。

Jbtk4

 まだ移動してきたばかりで、相手を探すには早すぎるような気もするが、縄張り宣言なのかもしれない。

Photo_20191223164401

 近くにいるオスは、そんなメスを無視するかのようにこれもまた縄張りを主張している。冬鳥たちがだんだんと多くなってきた河原である。

 

遅れても出現   ハイタカ

 寒い河原でハイタカを待っていたがなかなか姿を見せてくれない。そろそろ帰ろうかと思っていると、目線よりやや高いところを鋭い飛翔姿が横切った。

Hitk1_20191223141901

 待ちに待ったハイタカである。いつもはどこに行くのかその行き先を見てしまうが、今日は反射的にレンズを向けていた。

Hitk2_20191223141901

 背後からになってしまったが、その精悍な飛翔姿を捉えることができた。河原の樹木の葉が落ちた雑木林の中に入って、そのどこかの枝にとまったように見えた。

Hitk3_20191223141901

 土手を少し下流方向に動いてその姿を探してみると、枝被りの多い林の中に背中を向けているハイタカの黒い影が見える。顔を見せてくれるまで待つと、鋭いまなざしでレンズを認識してくれたようである。

Hitk4_20191223141901

 密生する河原の樹木の細かい枝の間からよく見えるところを探してみると、かろうじて全身が見えるポイントがあった。

Hitk5_20191223141901

 しばらくは背中を見せていたが、振り返ってその魅力的な鋭い眼光が光って見えた。眉斑からいつものメスではないかと判断する。遅れてきたが姿を見せてくれたハイタカである。

オスで良かった   続 ベニマシコ

 例年だとベニマシコは地味なメスが最初に姿を見せて、きれいなオスを探すのが大変であったが、今シーズンはオスとの出遭いである。

Bmsk11

 落ちていた鳥運が少し戻ってきてくれたのかと、喜びながらレンズを向ける。ゴチャゴチャして気に入らない背景であるが、少し良いところに出てくれた。

Bmsk12

 この河原も台風19号の大雨で増水して土手の下ギリギリまで水が来たので、河原に咲いていた草木はすっかり流されて、以前の河原の景色とは全く違ってしまった。

Bmsk13

 その影響で、ベニマシコの大好物の草の実もすっかり姿が見えなくなってしまって、今シーズンは餌探しが大変だなと心配していたが、目の前の姿を見るとそうでもなかったようである。

Bmsk14

 あれからしばらくたったので、雨が降り陽射しが出てきたりすると、泥水で汚された草木も洗われて、倒れていた草も新しい緑の色を見せ始め、そこに小鳥たちが集まるようになってきた。

Bmsk15

 そんな陰に隠れた草の実を見つけて、ベニマシコのオスが元気な姿を見せてくれた。この次は天気の良いときに、緑の草をバックにした輝く赤い鳥になってほしいものである。

 

寒風の中で   ベニマシコ

 最近の朝の冷え込みはさすが12月と思わせる。ところが平年と違うのは、翌日の昼は11月の陽気で気温が上がったりする。

Bmsk1

 早朝の寒さをカバーするために、おばあちゃんの知恵袋の背中に貼るカイロ、両ポケットには普通の携帯カイロを入れている。

Bmsk2

 そんな寒さの中、河原の土手を見下ろしながら歩いていると、湧水池の水際の枯れた草木の中に何か動くものが見える。

Bmsk3

 あいにくの曇り空なので、色はよく見えないが保護色になっているように見えるベニマシコである。

Bmsk4

 ヤッホー!しかもベニマシコのオスが、枯れた草の中に入ったり出たりしながら草の実を食べている。やっと出遭えたという感じ。

Bmsk5

 時々外に出てくれるので、その時がチャンスだが背景はあまり気に入らない。それでも遅ればせながらの今シーズン最初のうれしい出遭いである。

一気に飲み込む?    続 カイツブリ

 狭い湧水池の障害物のないところを泳ぎ回っていたカイツブリが、岸辺に枯草のある水域に入っていった。

Ktbr11

 広い水面で充分に見せびらかした後は、仲間に横取りされないように、ゆっくりと採餌をする態勢に入ったようである。

Ktbr12

 魚を縦にくわえたまま大きく嘴を上にあげてみるが、口の大きさが目いっぱいなのかなかなか喉元に入らない。

Ktbr13

 少し動いては何度も試してみるが、うまく入っていかないようである。その場合は再び横にして咥えて移動する。

Ktbr14

 やはりかなりの大きさの魚だったのだろう。何度か頭を上げているうちに少しずつ魚が入っていくように見える。

Ktbr15

 最後には大きく頭を持ち上げて、一気に飲み込んでしまった。

Ktbr16

 そのあとは何事もなかったように、すまし顔で泳ぎ回っているカイツブリである。

 

 

獲物は大きい!   カイツブリ

 かわらの土手を歩きながら湧水池を見ていると、静かな水面をカイツブリが得意げに動き回っている。

Ktbr1

 鏡面のような池に自分を中心にきれいな波紋を広げて、いかにも自分がここにいるよと、誇示しているように見える。

Ktbr2

 よく見るとくちばしに大きな獲物を咥えている。遠いのと魚の見分けは不得手なので、その種類までは識別できないが、かなり大きい。

Ktbr3

 普通であればすぐに飲み込んでしまうはずが、湧水池せましと、咥えて見せびらかしているように見える。

Ktbr4

 時々咥えているのが大変なのか、逃がさないように水中にくちばしを入れて、咥えなおしている様子も見える。

Ktbr5

 「大漁だ」と言わんばかりに喜んでいるのか、それにしてもなかなか飲み込まないで、動き回るカイツブリである。

青空を飛翔    ハイタカ

 早朝から天気が良かったのでハイタカのフィールドに向かう。前回は曇り空だったので晴天の飛翔を期待しての足取りである。

Photo_20191216160501

 朝の冬の陽射しは低いので、太陽を背にしていないと光のかげんが良くない。この河原では下流から上流を見るほうが良い光線になる。

Photo_20191216160502

 目の前の樹木にハイタカが来てくれるのを待っているが、その気配がない。すると、ほかの場所にいた仲間が晴れた上空を飛んだよと教えてくれた。

Photo_20191216160503

 それではと下流域へ移動して、陽を背にして空を見上げて待つことにした。しばらくすると旋回しながら上昇するハイタカの姿が頭上にある。

Photo_20191216160504

 背景が青空なのと順光になるのでハイタカの飛翔はきれいに見える。ほぼ真上なので追いかけるのが大変だが、何とかファインダーに収まってくれた。

Photo_20191216160505

 上空を旋回しながら獲物を探しているのか、かなり上空に上がったと思ったら、一気に急降下して姿が見えなくなってしまった。

Photo_20191216160506

 とりあえず青空バックのリベンジができたので、よしとすることにしよう。晴天を願って、次回に大いに期待したいところである。

 

ファインダーに初めて    シロハラ

 冬鳥を期待しながら公園を歩くと、落葉の状況、木の実の落ち方など、季節の移ろいが例年よりかなり遅れているような気がする。

Photo_20191216154201

 天気予報も12月の寒気が来たかと思うと、翌日には11月の陽気になるといっている。「寒」「暖」の繰り返しで高齢のわが身はついていけてない。

Photo_20191216154202

 冬鳥たちも山や北国から里に下りてきてみたが、ちょっと早かったかなと首をかしげているように見える。

Photo_20191216154203

 いつもならどこにでも姿を見せる警戒心の薄いシロハラも、まだ周りの動きに敏感で藪に隠れてしまう。

Photo_20191216154204

 あまり天気が良かったので、時間的には遅くなってしまったが、しばらくぶりに公園に足を向けてみたが、鳥たちの姿は少ない。

Photo_20191216154301

 いつも公園を歩くコースは決まっているが、トラツグミを期待して坂を上った。シルエットは似ているので期待したが、なんとそこにいたのはシロハラであった。ファインダーに収まったのは今シーズン初めてである。

 

やんちゃぶりを見せる若   オオタカ

 実はハイタカが姿を見せる前にその林の別の樹木には、オオタカの若が先着していたのであるが、その動きに成鳥の雄姿はない。

Ootk1

 それこそ落ち着きがなく周りを見回したり、近くの池のほうを見たりしている。池にはバンやカイツブリ、カルガモなどがいる。

Ootk2

 その素振りからは、いかにもすぐに飛び出すのではないかと気をもんでしまう。実はオオタカとハイタカどちらを狙うかと迷った。

Ootk3

 ハイタカがずっとブラインドの樹木にいたら、オオタカに集中したのだろうが、幸いハイタカが良いところに出てくれたので、もちろんレンズはハイタカに向けたのである。

Ootk4

 ところがこのオオタカの若は、ちょっと目を離したすきに、目の前の池にいるカモを狙って突っ込んできたのである。

Ootk5

 狩りは失敗したものの、その撮影も失敗してしまった。ピントが背後に取られてオオタカはピンボケで、とまったところも枯草の間から少し見えるだけというお粗末な鳥見になってしまった。でも実際に目の前で起きた狩りの瞬間の場面は、眼に焼き付いている。だから鳥見はやめられないのである。

 

 

飛び出しの瞬間    続 ハイタカ

 見通しの良い枝に出てきたハイタカは、しきりに後ろを振り向いている。どうも獲物がいるらしい。

Hitk11

 視線の方向を見てみると、シメの群れとヒヨドリ、カワラヒワの群れが見えそうである。狙っているのはどれか?

Hitk12

 そのうちに体の向きを変えてスタンバイしているので、そろそろ飛び出してくれるなと、期待感を持ってファインダーをのぞく。

Hitk13

 獲物を狙う鋭いまなざしは、ほかの猛禽のそれよりも厳しく魅力的である。幸い三脚を使っているので、じっと狙える。

Hitk14

 普段はほとんど手持ちで、どこでも歩けるようにしているが、このフィールドはハイタカ狙いで待つには、そんなに動かなくて済むので三脚を使う。

Hitk15

 手持ちで待っているときは、腕が疲れてレンズを下すと、その瞬間に飛ばれてしまうことがあるので要注意である。

Hitk16

 背中を低くしたかと思ったら、上流方向に向かって勢いよく飛び出した。残念ながら、その後は上流の樹木の陰で見えなくなってしまったので、狩りは成功したのかどうか定かではない。

Hitk17

 あいにくの曇りぞらなので、背景は不満であるがハイタカに出遭えたことと、見事な飛び出しを見せてくれたことに満足しているのである。

 

 

 

第七回「多摩の野鳥たち」写真展のお知らせ

 本日より、第七回「多摩の野鳥たち」写真展を、2020年1月13日(月)まで開催します。出展者一同会場でお待ちしています。お近くにお出かけの節はぜひご覧いただきますようご案内いたします。

_00001

 場所 ベルブ永山3Fギャラリー 京王線、小田急線永山駅下車3分

今シーズン初めての瞳    ハイタカ

 猛禽にとって瞳という表現はどうかと思いながら、今シーズン初めてのハイタカの鋭いまなざしにひかれている。

Hitk1

 ハイタカが毎日出ているよと聞いていながら、諸事情によりなかなかフィールドに立ち寄れなかった。

Hitk2

 やっと出かけられるようになってもあいにくの曇り空であったが、そのハイタカは姿を見せてくれた。

Hitk3

 河原の樹木もここのところ木枯らしらしきものが吹いたせいか、かなりの葉が落ちて幹や枝だけになっているので見通しはよくなった。

Hitk4

 最初は枝被りの樹木の深いところに背中を向けていた。どこから覗いてもその顔と姿がよく見えない。

Hitk5

 そんな意をくんでくれたのか、全身が見える枝に出てきてくれた。今シーズン初めてハイタカの鋭い眼光を見ることができた早朝である。

 

清楚な紋付に似て   ジョウビタキ♀

 河原の土手を歩いていると朝陽の逆光気味の中に鳥のシルエット、よく見るとジョウビタキのようである。

Photo_20191212130801

 今シーズンはジョウビタキはまだなので、オスに遭いたくて探していたが、目の前に現れたのは残念ながらメスである。

Photo_20191212130802

 オスは近くにいるようであるが、奥の樹木の枝にいて姿がよく見えない。控えめなオスである。

Photo_20191212130803

 メスは紋付の着物を着たように見えるスタイルで、なかなか好印象の好きな鳥の一種である。

Photo_20191212130804

 そんな心を読んだのか、陽の当たる良い小枝に出てきて、前を向いたり、後ろを見せたり、さらに斜め横からはどう?という感じである。

Photo_20191212130805

 奥にいるオスも出てきてくれると、今シーズンのジョウビタキとの出遭いは、大満足だったのにという場面である。

 

今シーズンもやってきた  コハクチョウ

 曇り空の湖畔に白いコハクチョウが多くみられる。時間的には近くの田んぼに採餌に出かける時間である。

Photo_20191212115201

 しかも水面から水中に長い首を突っ込んで、採餌しているように見える。例年だとこの湖畔はねぐらとして使っている。

Photo_20191212115202

 近くにも蓮池がありそこもねぐらとして、かなりの数のコハクチョウが越冬していた。

Photo_20191212115203

 その池を群れで飛び立って、峰には雪があるブルーに見える山々を背景に、列をなして飛ぶ姿がきれいに見える。

Photo_20191212115204

 水面を飛び立つときは、両足のひれで水をけ飛ばすようにして飛び立っていく。これを見るのもまたうれしい一時である。

Photo_20191212115301

 時間があったので帰りがけにその池を覗いてみると、蓮の枯れ枝がたくさんあり、とてもコハクチョウがねぐらとして使える状況ではない。湖畔に多く集まっている理由がわかったような気がしたコハクチョウとの出遭いである。

 

湖岸で採餌か    ヒシクイ

 冷たい風が吹き抜ける湖岸に立っていると、波に揺られて水鳥たちの姿が見える。手前の枯れた草木の間に見えるのはヒシクイである。

Photo_20191211113401

 いつも遠くにいることが多いので、近くで出遭えることはうれしいことである。動かないオオワシを待つ間のショットである。

Photo_20191211113402

 通常はここをねぐらにしていれば、餌をとりに近くの田んぼに出向くはずであるが、湖岸で採餌をしているのだろうか?

Photo_20191211113403

 沖合のほうには数羽の群れがいるが、三羽が仲良くしているので、多分家族だろうと思うがどうだろう。

Photo_20191211113404

 名前の由来は、そのままでヒシの実を食べることからきている。食性は植物食なので、水辺の草などや田んぼの二番穂が餌になる。

Photo_20191211113405

 この周りは広い農耕地になっているので、どのへんで採餌をしているかは地元の人でないとわからない。

Photo_20191211113406

 時間が許せばその辺もゆっくりと観察したいものである。

 

 

はるか彼方に   オオワシ

 今シーズンも姿を見せてくれたオオワシに一目遭いたいと思って湖畔を訪れた。いつもの山のほうには早朝にも関わらずなかなか姿を見せない。

Photo_20191211110201

 そのうちに湖畔にいるという情報が入ったので湖畔へと移動したが、はるか彼方にその姿は確認できた。

Photo_20191211110202

 今朝は早朝からねぐらを出て直接湖に向かったのかもしれない。そのうちに漁をしてくれるだろうと待ってみるが、全く動かず。

Photo_20191211110301

 近くには獲物になる水鳥がたくさんいるというのに、今日は魚ねらいなのかもしれない。

Photo_20191211110302

 あたりを見回してはいるが、沖合のポールにとまったきりで、動かすのは頭だけである。

Photo_20191211110303

 限られた時間なので、これ以上はあきらめて帰ることにした。それでも姿を見ることができたので、今日は残念だが妥協をして、今シーズンのリベンジを誓って帰宅したのである。

 

越冬の準備    ヤマガラ

 山から雪の便りがとどくようになると、冬鳥たちは里に下りてきて越冬をするが、留鳥のヤマガラも越冬の準備をしている。Photo_20191210152901

 最近のニュースでは山に住む動物たちの餌がないので、熊の親子が人里の物置の中で、冬眠の準備をしていたとか言われている。

Photo_20191210152902

 今まで聞いたことがないことが起きる世の中になってきた。これからは何でもありなので、想定外という言い訳はできないかもしれない。

Photo_20191210152903

 そんな世の中になりつつあるが、公園のヤマガラは例年のごとくエゴの木の実を蓄えている。

Photo_20191210152904

 緑の表皮のついたエゴノキの実を採ってきては、両足でうまく挟んでくちばしでその皮をむく。

Photo_20191210152905

 きれいに皮を向いたエゴノキの実を、くちばしに咥えて秘密の貯蔵所に運んでいるのである。公園の越冬準備のヤマガラである。

 

 

残り物には福がある     ヒヨドリ

 「初物見逃すな」という言葉もあるが、「残り物には福がある」ともいわれる。先人はうまいことを言って、モノを粗末にしないようにしてきたのだろう。

Hydr1

 動物や人などはまず食べることで命をつないでいる。そういう意味では、食べものを大事にする習慣が身についていたのだろうと思う。

Hydr2

 晩秋の公園のもみじがある坂道に、目立たない柿の木が一本あって、その枝に食べつくされて残った赤い柿の実が一つ残っている。

Hydr3

 昨日はメジロが食べていたと思ったら、今日はヒヨドリが逆さになって食べている。ヒヨドリの大きさでは、その柿の実ごと落ちてしまうのではないかと心配になる。

Hydr4

 それでもあたりを警戒しながら、おいしそうに柿の実を食べている。冬の陽は低い位置からさして来るので、逆光気味ではあるがよい被写体になっている。

Hydr5

 今シーズンの残り物にありついているヒヨドリは、満足そうな顔をしているのである。それを見つけたバーダーも笑顔でファインダーを覗いている公園である。

 

秋色に染まる   エナガ

 かわいさではどれにも負けないエナガ、エナガの群れが来るとほかの鳥も期待するが、エナガを追いかけているうちに見逃してしまう。

Eng11_20191210144701

 エナガの混群では、必ずエナガが姿を見せてからシジュウカラが来て、そのうちにコゲラがゆっくりとやってくる。

Eng12_20191210144701

 だから混群がやってくると、公園の森はにぎやかになる。そんな群れに気を取られていると、ほかの樹木の枝で、静かに青い鳥がポーズをとっていたりする。

Eng13_20191210144701

 冬鳥がやってくると静かな公園も一気ににぎやかになる。鳥たちだけでなくそれを追いかけるバーダーも多くなるのである。

Eng

 紅葉もそろそろの時期ではあるが、エナガが赤いモミジに取り付いて晩秋を教えてくれているようである。

 

 

モミジに染まる    メジロ

 公園のもみじも真っ赤になってきた。出張などでなかなか時間が取れなかったが、公園を歩いてみた。

Photo_20191209151401

 元気でいるのは留鳥たちで、メジロは我が世の春ではないが、遅い秋を楽しんでいる。Photo_20191209151403

 ウグイス色のメジロの姿も赤っぽく見えるほどに、モミジが赤くなってその中を飛び回っている。

Photo_20191209151404

 本当は秋なのでキクチャンを期待していたのだが、今シーズンはその姿を見せてくれない。まだまだあきらめずに通ってみることにしよう。

センダンの実を狙う    ヒヨドリ

 春先にはきれいな薄紫が混じった白い花をたくさん咲かせるセンダン、秋には黄色の実をたくさんつけて結構楽しませてくれる。

Hydr11

 例年だとセンダンの木の葉が落ちて、たくさんの実だけが残るはずであるが、今シーズンはまだ緑の葉がたくさん残っている。

Hydr31

 玉すだれのように実だけが残ったところに、ヒヨドリがその実をたべに来るはずが、生い茂るはの中でセンダンの実を捕っている。

Hydr12

 スペインのマドリードでCOP25が開かれているが、これも地球温暖化の影響なのだろうか?

Hydr13

 近くの大きな樹木に群れで集まっているヒヨドリが、その実を捕りに来てはくちばしに加えて見せてくれる。

Hydr14

 多くの緑の葉が邪魔でその妙技はよく見えないが、普段は目もくれないヒヨドリの一場面である。

 

 

 

獲物は何?    モズ

 モズは縄張りを決めると、意外とそこをしっかり守る習性がある。だからあまり遠くには行かないで、同じところに姿を見せる。

Moz1_20191203140201

 公園のコンクリート擬木で作った階段を上っていくと、何か鳥が動いたのでよく見てみると、獲物を狙ったモズのめすが見える。

Moz2_20191203140201

 期待していたのはほかの冬鳥であったが、ちょうど獲物を見つけたようで狙いを定めている。

Moz3_20191203140201

 かれ始めた下草の中に飛び込んだと思ったら、くちばしに何かを咥え飛び上がってきて、同じところにとまった。

Moz4_20191203140201

 獲物は何かよくわからないが、何か昆虫のようにも見える。カマキリだろうか、細い枝にとまって飲み込もうとしている。

Moz5_20191203140201

 モズがこの場所を縄張りにしているのであれば、やってきたばかりの冬鳥は、なかなか姿をみせてくれないわけである。

 

独り占め    メジロ

 遅い紅葉が始まった公園のもみじの中に一本の柿の木がある。「隣の客は柿食う客だ」と言わんばかりの食欲旺盛なメジロの姿。

Mjr1_20191203104001

 色づいたモミジの中を飛び回るエナガが、メジロを見てそう言ったかどうか?残り少ない柿を独り占めである。

Mjr2_20191203104001

 それでもほかの仲間にとられまいとするように、時々周りを見回しながら熟した柿に顔をうずめる。

Mjr3_20191203104001

 柿の実もちょうど細い枝の先にあるので、メジロもアクロバットまがいの逆さになった食事である。

Mjr4_20191203104001

 鳥たちもおいしいもの、まずいものを知り尽くしているのか、この公園の数少ない柿の木であるが、渋柿の実はたわわである。

Mjr5_20191203104001

 晩秋の風物詩とも思われる柿を食べるメジロの姿である。

 

紅葉の中で   コゲラ

 色づいたモミジを背景に期待の鳥さんを待っているが、なかなかその姿は見つからない。

Kgr1_20191202160501

 エナガの混群がたびたびやってくるので、それを期待して探すが私の目に留まらない。

Kgr2_20191202160601

 その点のんびりと採餌をするコゲラは被写体になりやすい。ただし大きな幹にとまるので、紅葉は背景だけになる。

Kgr3_20191202160601

 そんな贅沢は言ってられないので、コゲラを追いかける。逆光気味であるが背景の秋が映えて、気に入っている場面である。

Kgr4_20191202160601

 欲を言えばコゲラもオスであればなおよかったのだが、どうもメスのようである。

Kgr5_20191202160801

 何事もそうだが向上心を持って望みは高く追い求めないと、目的は達成できないものである。紅葉を背景にもう少し良いものを!

 

モミジにとまって!   続 ルリビタキ

 昨シーズンは7羽ほどのルリビタキを見かけたが、今シーズンはこれからにぎやかになってきそうである。

Rurb11

 それでもここには2羽のオスがいるらしく、時々縄張り争いをしているように見える。まだ自分の縄張りが決まっていないようである。

Rurb12

 目の前にいる個体は色はそこそこにきれいだが、あまり目つきは気に入らない。ルリビタキの中にもイケメンはいるのだろうからこれからを楽しみにしよう。

Rurb13

 近くには色づき始めたモミジやすっかり赤くなったモミジの葉もあるので、そこにとまってくれないかなと勝手に思っている。

Rurb14

 奥の藪の中に入ってはしばらくすると出てくるので、藪の中で採餌をして出てくるのだろうかと思うがどうだろう?Rurb15

   この次はすっきりしたところで紅葉背景にするから!と、言ったかどうか?

 

Rurb16

 この場所の縄張りを確立したら、きっとモミジにとまってくれるだろうと期待しているが、来週までモミジの葉が残っているかも心配である。

 

 

やっと姿を見せてくれた   ルリビタキ

 雨が続いたり体調が悪かったりで公園への足が遠のいていたが、抜けるような青空が広がったので、勇んで公園に出かける。

Rurb1

 公園のもみじもまだ緑の葉が残る程度の色づきである。11月も末で晩秋だというのに紅葉は遅い。

Rurb2

 記憶にある日本の四季の移り変わりが、説明できないような季節感である。

Rurb3

 いつもなら公園の散策路を歩くときに落ち葉を踏みしめる音が、サクサクと心地よく聞こえるのであるが、今シーズンは違う。

Rurb4

 そんな公園の階段を上っていくと、「クックックックッ・・・」という懐かしい声が聞こえてくる。ルリビタキの鳴き声である。

Rurb5

 近くにいるので姿を見せるまで待つことにした。そのうちにきれいなブルーのオスが姿を見せて、正面を向いたり背中を見てとばかりに小枝で動き回る。やっと姿を見せてくれたルリビタキである。

 

ひそひそ話    続 コジュケイ

 桜の老木に隠れて、だるまさん転んだ方式で近づいてみる。背中を向けて朝食に没頭している個体や、同じところで顔をつきあわせて採餌している個体など様々である。

Kjki11

 今シーズンの春の雛たちが大きく育っているので、もう姿は一人前である。それにしても大家族である。

Kjki12

 春先に9羽ほどの群れがいたが、その家族かもしれない。この近くにいつも姿を見せている。

Kjki13

 野良猫に狙われて大きな声を出して、騒いでいた子供たちの成長した姿だろうと思う。まるでひそひそ話をしているように顔を寄せ合っている。

Kjki14

 今日の狙いはそうではなくて、もうすでに到着しているという冬鳥狙いなので、入り口でもたもたしているわけにはいかない。

Kjki15

 本命の場所に急ぐが、違う鳥の声が聞こえてくるので、また近くを探してしまう。声はすれども姿は見えず、まだ警戒心が強い冬鳥たちである。

家族で朝食   コジュケイ

 朝夕の冷え込みは厳しくなってきたが、紅葉は例年より3週間は遅れているように見える。

Kjki1

 そんな朝、早朝から元気を出して公園に向かう。元気を出してといっても背中には、おばあちゃんの知恵袋のホカロンをしょっている。

Kjki2

 夜が明け始めた公園の草むらに何か動いているものがいる。背を低めて寒そうに草を啄んでいるように見える。

Kjki3

 藪の近くにいるので、逃げ込まれないように静かに接近する。それでも斥候にあたる一番手前にいる個体は、警戒心をみせて頭を上げている。

Kjki4

 なるべく接近しようと、葉が落ちた桜の老木に身を寄せて狙ってみる。今まではズームを使っていたので動かないで距離を調整できたが、単焦点はそうはいかない。

Kjki5

 それでも何とか大家族での朝食の光景をファインダーに収めたが、やはり気づかれたのか、一斉に動き出してしまった。

 

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »