野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 飛び出しの瞬間    続 ハイタカ | トップページ | ファインダーに初めて    シロハラ »

やんちゃぶりを見せる若   オオタカ

 実はハイタカが姿を見せる前にその林の別の樹木には、オオタカの若が先着していたのであるが、その動きに成鳥の雄姿はない。

Ootk1

 それこそ落ち着きがなく周りを見回したり、近くの池のほうを見たりしている。池にはバンやカイツブリ、カルガモなどがいる。

Ootk2

 その素振りからは、いかにもすぐに飛び出すのではないかと気をもんでしまう。実はオオタカとハイタカどちらを狙うかと迷った。

Ootk3

 ハイタカがずっとブラインドの樹木にいたら、オオタカに集中したのだろうが、幸いハイタカが良いところに出てくれたので、もちろんレンズはハイタカに向けたのである。

Ootk4

 ところがこのオオタカの若は、ちょっと目を離したすきに、目の前の池にいるカモを狙って突っ込んできたのである。

Ootk5

 狩りは失敗したものの、その撮影も失敗してしまった。ピントが背後に取られてオオタカはピンボケで、とまったところも枯草の間から少し見えるだけというお粗末な鳥見になってしまった。でも実際に目の前で起きた狩りの瞬間の場面は、眼に焼き付いている。だから鳥見はやめられないのである。

 

 

« 飛び出しの瞬間    続 ハイタカ | トップページ | ファインダーに初めて    シロハラ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 飛び出しの瞬間    続 ハイタカ | トップページ | ファインダーに初めて    シロハラ »