野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 第七回「多摩の野鳥たち」写真展のお知らせ | トップページ | やんちゃぶりを見せる若   オオタカ »

飛び出しの瞬間    続 ハイタカ

 見通しの良い枝に出てきたハイタカは、しきりに後ろを振り向いている。どうも獲物がいるらしい。

Hitk11

 視線の方向を見てみると、シメの群れとヒヨドリ、カワラヒワの群れが見えそうである。狙っているのはどれか?

Hitk12

 そのうちに体の向きを変えてスタンバイしているので、そろそろ飛び出してくれるなと、期待感を持ってファインダーをのぞく。

Hitk13

 獲物を狙う鋭いまなざしは、ほかの猛禽のそれよりも厳しく魅力的である。幸い三脚を使っているので、じっと狙える。

Hitk14

 普段はほとんど手持ちで、どこでも歩けるようにしているが、このフィールドはハイタカ狙いで待つには、そんなに動かなくて済むので三脚を使う。

Hitk15

 手持ちで待っているときは、腕が疲れてレンズを下すと、その瞬間に飛ばれてしまうことがあるので要注意である。

Hitk16

 背中を低くしたかと思ったら、上流方向に向かって勢いよく飛び出した。残念ながら、その後は上流の樹木の陰で見えなくなってしまったので、狩りは成功したのかどうか定かではない。

Hitk17

 あいにくの曇りぞらなので、背景は不満であるがハイタカに出遭えたことと、見事な飛び出しを見せてくれたことに満足しているのである。

 

 

 

« 第七回「多摩の野鳥たち」写真展のお知らせ | トップページ | やんちゃぶりを見せる若   オオタカ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第七回「多摩の野鳥たち」写真展のお知らせ | トップページ | やんちゃぶりを見せる若   オオタカ »