野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 親子で越冬   コハクチョウ | トップページ | 菱の実はおいしい?    ヒシクイ »

巫女さんを連想するか?   ミコアイサ

 ミコアイサは地元の河川にも何年か前にはよく来ていた。オスは全体が白く、目の周りだけが黒い特徴のある鳥である。

Photo_20200119205901

 近くに来ていると聞くと、ぜひ会ってみたい鳥の一種である。いつもペアーでいるか、必ずメスが近くにいるはずである。

Photo_20200119205902

 ところがこの池のミコアイサは、近くを探してもメスの姿が見当たらない。ほかにはカルガモ、マガモ、オナガガモ、コガモなどがたくさんいるので、見つけにくい。

Photo_20200119210001

 池の奥の方にはたくさんの水鳥が羽を休めている。昨年は、池の奥にはオシドリの群れがかなりの数入っていたが、今シーズンは見当たらない。

Photo_20200119210002

 オシドリもきれいで、なかなか見ごたえのある鳥である。近所でもいつも群れでいる池が、先日は数羽しかおらず、それも岸辺の樹木に隠れているレベルであった。

Photo_20200119210003

 この池でもミコアイサの群れを期待していたが、それもかなわずである。せめてメスが姿を見せてくれたらよかったのに!

Photo_20200119210004

 ミコアイサの命名は、「白い衣を着て、目の周りに黒い入れ墨をした巫女」に見立てたといわれているが、どうだろう?

« 親子で越冬   コハクチョウ | トップページ | 菱の実はおいしい?    ヒシクイ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 親子で越冬   コハクチョウ | トップページ | 菱の実はおいしい?    ヒシクイ »