野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

梅にはよく似合う   続 メジロ

 朝の寒さはどこへやら、お日様が出てポカポカ陽気に誘われて、公園へと足を向けてみた。

Photo_20200226114401

 紅梅にルリビタキのオスを狙って待ってみることにしたが、思うようにいかないのは世の常。

Photo_20200226114402

 白梅にメジロである。いわゆる「ウメジロ」であるが、梅にはメジロが一番よく似合うと思う。

Photo_20200226114501

 できれば、つぼみがあって花の咲いている紅梅の、すっきりして横枝にとまってほしいものである。

Photo_20200226114502

 そんな望みを抱きながら、公園の梅林のあるところで待ってみるが、豈図らんやである。

Photo_20200226114503

 白い花の咲く立っている枝に、その姿はある。それでも、姿を見せてくれただけでもありがたく思わないと、と珍しく謙虚になる。

満開の河津桜    メジロ

 暖冬のせいか、早咲きの河津桜にも黄緑色の若葉が出始めてきた。雨上がりの公園を歩くと、その桜の花に鳥たちが群がっている。

Photo_20200226112201

 一番賑やかで威張っているのはヒヨドリである。その間隙を見計らって入ってくるのはメジロである。

Photo_20200226112302

 メジロも群れできたときは、おお威張りで花に取り付いているが、数羽で来るとヒヨドリが威嚇に来る。

Photo_20200226112301

 こんなにたくさんの花があるんだから、欲張らなくても良さそうなものにと思ってしまう。

Photo_20200226112303

 メジロも花から花へと忙しく動き回る。その行動が早いのでカメラで追いかけるのがたいへんである。

Photo_20200226112304

 ピンクのきれいな満開の桜の花を背景に、いわゆるウグイス色のメジロはよく似合う。

Photo_20200226112305

 あいにくの雨上がりの曇り空であったが、満開の桜の花が公園の中を明るくしてくれたように感じる早朝である。

 

 

蝋梅を楽しむ   モズ

 今の時期のモズはそろそろ良き伴侶を見つけて、河原の小枝でラブラブのところを見せつけることが多い。

Photo_20200221114501

 ところが庭先に来たモズはそんな気配を見せず、相手が見つからないのか、雪を背景にした蝋梅を楽しんでいる。

Photo_20200221114502

 最初は何もない枯れ枝に来たが、縄張りにしているヒヨドリもいなくなると、目の前の黄色の花の蝋梅に移る。

Photo_20200221114503

 梅の花の前に咲き出す良い香りのする蝋梅の枝にとまると、その香りを満喫しているようにして動かない。

Photo_20200221114504

 欲を言えば、もう少し花の近くにとまってくれると嬉しいのだが、そううまくはいかない。

Photo_20200221114505

 この場所でも長くじっと待っていれば、モズ以外でもいろいろな鳥がやってきてくれるだろうが、そうもいかないのである。蝋梅綬帯百舌鳥図というところか?

 

ペアーの出来上がり   カワアイサ

 湖の水面を見ると、遠くにカワアイサらしきオスの姿が見える。その近くにはメスが、きょろきょろしながら媚を売っている。

Photo_20200220152701

 それを見たオスは悠然と自信満々に近づいていく。

Photo_20200220152601

 そのうちにチャンスは今だと、ものすごい勢いで水面をけってメスのもとに走り寄る。

Photo_20200220152702

 プライドのあるオスは、意識をさせたメスの姿を前に沖合に向かおうとする。Photo_20200220152704

 ちょっとハンサムで気に入ったメスは、オスに遅れまいと必死についていく。

Photo_20200220152703

 やっと追いついたメスは、オスに身を寄せながら沖合に向かう。

Photo_20200220152801

 仲良しペアーの出来上がりである。

 

 

 

 

ラブラブ   続 続 オシドリ

 世の中の移り変わりの中で、結婚の形態も変わってきて、主流がお見合い結婚から恋愛結婚へと変遷があったが、いずれも男性主導の時代であったような気がする。

Photo_20200218105801

 ところが、最近はその辺の様子も変わってきたようである。早朝の池では盛んにメスを口説いているオスの健気な姿がある。

Photo_20200218105802

 されるがままにしているが、簡単には身を崩さないメスに、盛んに言い寄っては気を引こうとしている。

Photo_20200218105901

 春も近くなり、越冬地で良き伴侶を見つけて北へ帰る準備をしなければならないので、オスにも焦りが見える。

Photo_20200218105902

 一方のメスも簡単には受け入れない。よく見ていると、心は許しているが、焦るオスをじらしている雰囲気も見受けられる。

Photo_20200218105903

 それでも最後には、熱きオスのラブコールを受け入れたようである。仲良く並んで泳ぐ池の水面である。

Photo_20200218105904

 めでたしめでたしの早朝であるが、最後に「盗み撮りはだめだよ」と言っているようなまなざしを向けられてしまった。。

 

 

 

理想の夫婦?  続 オシドリ

 結婚式などの祝辞で「オシドリ夫婦」というお祝いの言葉で、仲の良いたとえにオシドリのペアーはよく引き合いに出される。

Photo_20200218103501

 波のない静かな早朝の池の水面を見ると、その泳ぐ姿は夫唱婦随を思わせるまさに仲のよいペアーである。

Photo_20200218103502

 ある時はオスが前を行くと、それに静かに寄り添うようについていくメスの清楚な姿が見える。

Photo_20200218103503

 また、メスが優雅に先を泳いでいるときは、それを温かく見守って静かについてゆくオスがいる。

Photo_20200218103504

 目の前には理想の夫婦像が映っているが、オシドリの生態から言うと、オスは毎年新しいメスと営巣をすると言われている。Photo_20200218103401

 

 そんなことはさておいて、オシドリのペアーを理想の夫婦像にしておきたいものである。「〇〇と畳は新しい方が良い」といういわれもある日本であるが?

 

 

群れで遊ぶ    オシドリ

 夜行性のオシドリ達は日が昇ってくると、池の芦原の中に入ってお休み状態になってしまうので、日の出前に池の岸辺で待つ。

Photo_20200218101601

 街路灯のついているころの早朝の水面はまだ暗いので、高感度撮影を試みるが、なかなかきれいなオシドリの色が出ない。

Photo_20200218101602

 暗い池で水しぶきをあげながら遊ぶオシドリ達、かなりの数のオシドリ達がいるように感じる。そんな中でもペアーの相手を探してメスに言い寄っているオスたちがいる。

Photo_20200218101603

 それを邪魔するかのように別のオスが、飛び込んでくる。夜明け前のにぎやかな池である。

Photo_20200218101604

 東の空にある雲が茜色に輝き始めると、池の水面が良く見えてくるが、50羽ほどのオシドリの姿は、それぞれ岸辺の藪の中に隠れて半減してしまう。

Photo_20200218101605

 それでも明るくなってきたので、あのオシドリのオスのきれいな衣装が映えてきた、池の岸辺の観察風景である。

私ってどう?   コハクチョウ

 コハクチョウのねぐらを覗いていると、空が明るくなるにつれて行動が活発になってくる。群れもいいが目の前には、「朝だぞーと」声をかけている単独の当番の白鳥がいる。

Photo_20200218100101

 そろそろ、近くの田んぼに朝食に出かける準備をし始めている群れがいる。一斉の飛び出しもみたいものであるが、単独のコハクチョウにスポットを当ててみる。

Photo_20200218100201

 中にはちょっと気取って「私ってどう?」という雰囲気で、バックシャンでデモンストレーションをしている個体がいる。

Photo_20200218100202

 じっと見ていると、カメラを意識したのか思わせぶりな行動をしているが、それもなかなか魅力的である。

Photo_20200218100203

 「水上のスワン」というところか、「♪ 白鳥の湖 ♬」でも見せてくれるのかなと期待してしまう。

Photo_20200218100204

 一羽に気を取られていると、最初の群れが雪山を背景に飛び立っていった。これも見事な飛翔であるが、採餌場の田んぼでは泥んこになって餌探しをしているんだなと、現実視をしてしまう。

白い背景    ジョウビタキ

 今シーズンあまり縁のないジョウビタキのオス、いつも河原に行ってもメスは愛想よく出てきてくれるのだが、オスにはなかなか遭えてない。

Photo_20200217151501

 ところが雪景色を眺めながらこんなところにジョウビタキが来てくれたらなと、思って周りを見渡してみると、なんと目の前にいるではないか。

Photo_20200217151502

 ジョウビタキも突然の雪に戸惑っているのか、それを楽しんでいるのか、雪のある枝から枝へと飛び回る。結構楽しんでいる雰囲気である。

Photo_20200217151601

 背景が白いので、ジョウビタキのオスのその衣装はよく映える。得意の頭を下げて尾羽を振る動作を何度もして見せる。

Photo_20200217151602

 飛び出して姿が見えなくなったと思ったら、しばらくするとまた戻ってきて元の枝にとまっている。この場所が気に入っているようである。

Photo_20200217151603

 このあたりを縄張りにしているのか、ヒヨドリとモズなどもやってくるが、その間隙を縫って姿をみせる。珍しい出会いの雪のジョウビタキで、うれしさもひとしおである。。

 

 

 

雪の塒を覗く    コハクチョウ

 塒を飛び立って餌場の田んぼに向かう前にその姿を見たいと思って、塒としている池に向かった。

Photo_20200217145401

 あいにくの昨夜からの雪で、すっかり雪国状態になっているが、春の雪ははかないので、この景色も三日は持たないだろうか。

Photo_20200217145402

 明日になって陽が当たればこの雪はすっかり溶けてしまう。そんなはかない雪景色を狙って、元気を出しているカメラマンである。

Photo_20200217145403

 雪で煙る池の水面には、頭を体の中に隠して眠っているコハクチョウたちがたくさんいるが、その姿はあまり絵にならない。コガモたちは動き回っているのに、コハクチョウは朝が遅いのか?

Photo_20200217145404

 何か大きな音がしたり、ほかの鳥たちが動き出すと、おもむろに頭を持ち上げて周りを見渡すだけである。そしてまだ早いかなという顔で再び眠りの態勢に入る。

Photo_20200217145501

 それでも時間的には行動を始める時間なので、動き出した群れも出始めている。あまりきれいな声ではないが、起き掛けの鳴き声も聞こえる。

Photo_20200217145502

 幼鳥たちの姿も見えるコハクチョウの家族は、雪を背景にゆっくりと水面をすべるように移動を始めた。条件が悪いのでピントがいまいちなのが残念である。と腕の悪さを他人事のようにつぶやいている。

雪の水面で    ヨシガモ

 春がそこまで来ているというのに、朝から雪が降る一日が始まる。その雪もかなり重い雪に見える。

Photo_20200217142401

 雪が降ると喜ぶのは犬と子供であったが、最近はその犬や子供の姿もあまり見なくなった。座敷犬が多くなり、ゲームに没頭する子供が増えたのである。

Photo_20200217142501

 昔子供だった頃は、雪が降るとその新しい雪に最初の足跡をつけるのが楽しみで、早起きをするのであった。雪の降る日は静かな夜明けなのである。

Photo_20200217142502

 ところが、年を重ねて経年劣化の激しい昔の子供は、ガラス越しに雪を見ても出かけるのを躊躇している。

Photo_20200217142503

 にぶい決断力でも雪景色の鳥たちを撮りたくて、背中に貼るカイロを二枚もつけて出かけてゆくのである。

Photo_20200217142504

 コハクチョウがねぐらにしている雪の降る池には、コガモやオカヨシガモ、ヨシガモなども飛来している。コガモの群れではアメリカを探し。

Photo_20200217142505

 それが見つからないと、ヨシガモの尾羽と頭のメタリックな緑色を探す。それを見つけると、双眼鏡で観察し続ける老体である。

漁は失敗か   続 続 続 続 オオワシ

 波立つ水面から飛び立って、雪景色の山を背に向かってくるその足元には何も見えない。大漁を期待したのに失敗だったようである。

Dsc_09922

 今回はそのまま山に戻るつもりか、その表情には元気がない。大きい波があったので、魚は難しかったかもしれないが、そこはプロだろうと言ってやりたい。

Dsc_09992

 でも今日の午前中は何も食べてないので、おなかがすくだろうから午後の漁の確率が高まる。ところがそこまでお付き合いできない事情があるので残念である。

Dsc_11052

 いつもは大きなフナやブラックバスなどをつかんで意気揚々と帰ってくるが、この波ではそれもできなかったのだろう。

Dsc_11092

 魚がダメなときは、オオバンなどの水鳥を持って帰ってくるが、午後からはそれが期待できるかもしれない。

Dsc_11192

 残念ながら大漁旗を翻して戻ってくる姿は見られなかったが、雪や荒波の立つ悪条件の中に果敢に挑戦していく、オオワシの姿を見ることができたことを慰めにしよう。

 

 

湖畔の沖合に向かって   続 続 続 オオワシ

 2月も中旬になると、オオワシの北帰行のスケジュールも秒読みになってくる。昨シーズンは月末あたりに北の国へ向かったようである。

Dsc_06752

 だからこそ大漁の場面をこの目で見たいという思いが募るのである。今シーズン最後のチャンスになるかもしれない。

Dsc_06832

 温暖化の気候のせいで、オオワシの帰るのが早まる可能性もある。北の空の高い上昇気流に乗る飛翔姿も、ここのところ見せることがあるという。

Dsc_08342

 いったん止まった山の中腹の樹木から、飛び出しそうな雰囲気を見せ始めた。飛びだした!そうだ、こちらの方向に飛びだして湖畔を目指している。

Dsc_07392

 かなり沖合まで行ってしまったが、雪のある山を背景に荒れる湖の水面の上空でホバリングを始めた。遠いところでのホバリングである。

Dsc_07442

 そのうちに波立つ水面に向かって飛び込んでいった。波間にその姿は見え隠れするが、水面をけって飛び上がってきた。楽しみは足元の獲物である。

 

 

 

 

やっとの飛び出しも  続 続 オオワシ

 空が明るくなってくると、雪もやんで青空さえ見えてくる。吹き付ける風は冷たいが、枝にあった雪も落ちてしまう。

Dsc_04452

 今朝からまだ食事をしていないオオワシは、必ず飛び出して漁に向かうはずである。そのための程よい風があるので条件は十分そろっている。

Dsc_04672

 飛び出しの場面は小枝がかぶってあまりよくないが、エンゼルポーズの飛び出しの準備も見せてくれるので、期待感が高まる。

Dsc_04702

 ただし見ている方向が、湖の方向ではないのが気になる。山の中腹を雪景色を背景に飛んでくれてもいいかと、待ち時間が長かったせいか簡単に妥協する気持ちがある。

Dsc_05232

 せっかくだから緑の常緑樹に残る雪の前を飛んでくれないかと、思いつつその場面を待つ。

Dsc_05282

 そのうちにやっと飛び出したと思ったら、湖とは逆の南の方向に向かっている。

Dsc_05602

 背景が近いのでそちらにピントを持っていかれそうであるが、何とか頑張って白い雪をバックにした飛翔すがたである。

Dsc_05642

 そのまま旋回して湖畔に向かうのかと思ったら、途中下車で中腹の葉の落ちた樹木にとまって湖を眺めている。

吹雪の中   続 オオワシ

 朝は晴れていたのでオオワシに遭いに湖岸へと向かう。外の気温はかなり下がっているように感じる。

Dsc_02902

 湖岸へのトンネルを抜けると、そこは雪国になっていた。かなりの雪が横殴りに吹雪いてくる。

Dsc_03342

 山の中腹の樹木にいるオオワシは雪で見えなくなることもある。それでもじっと待っているオオワシ。

Dsc_03372

 オオワシにとっては雪とか寒さはあまり問題にはならないのだろう。それよりもそれを見ているこちらの方が、まいってしまいそうである。

Dsc_03402

 空を見上げてあきらめて引き上げようかと思うが、周りを見るとそんなそぶりも見せないで、じっと待っているバーダーたちである。負けてはいられない僕。

Dsc_03462

 そのうちに空が明るくなってきて、雲間に薄い日の光が見えるようになってきた。もう少し我慢して待ってみることにした。

 

待たせるヒロイン    オオワシ

 今回こそは、大漁旗で戻るオオワシの雄姿を見たいなと、湖畔に足を運んでみた。

Dsc_95902

 早朝を狙って出かけてみたが、すでにその姿はいつもの枯れた樹木の太い横枝にあった。

Dsc_95962

 湖畔の北の方にまなざしを向けているので、飛び出しはそちらの方面かなと期待しながら待つ。

Dsc_96852

 オオワシもたまに動いたりするが、ほとんど視線を動かすだけでじっとしている。

Dsc_96882

 この時間が長いのである。当のオオワシは日常的なことなので、あまり苦にならないだろうが、それを待つ身は気が抜けない。

Dsc_97832

 たまに大きく動くと期待感が高まるが、羽繕いをしたり、頭をかきかきしたりするだけである。

Dsc_98272

 待っている方はそのたびに緊張するが、出番を待たせるヒロインオオワシである。

思うようにいかない世の中   ルリビタキ

 世の中自分の思うようにいかないのが常であるが、季節の移ろいを感じながら鳥の撮影のイメージを描く。

Photo_20200212102501

 雪が降る日もあれば、春の陽気の日中にコートを脱いで歩くこともある。過去の経験則では読めない最近の気候である。

Photo_20200212102502

 公園の梅の花も咲きだしたこの頃、言葉では「梅にウグイス」と言われるが、現実にはかなり難しい。

Photo_20200212102503

 その代わりといっては失礼だが、梅にメジロがその場面を演出してくれる。だが狙っているのは、梅にルリビタキである。

Photo_20200212102504

 公園の梅の花があるところには、愛想の良いルリビタキのメスが居ついてくれてるが、欲を言えばブルーのきれいな成鳥のオスを期待している。

Photo_20200212102601

 そうはうまく行きませんよと、ルリビタキのメスらしき個体が、梅の花どころではない人工物でご挨拶をしてくれた。

Photo_20200212102602

 でもまだあきらめないぞと、つぶやきながら公園に足を運ぶこのごろである。

気持ちよさそう   ハイタカ

 冬ばれの河原の土手は雲一つない青空、遠く西の雪化粧の丹沢山系の後ろには、冠雪の富士山の頂が陽の光にまぶしく見えるほどである。

Htk3

 そんな青空を見上げていると、下流の方から鋭い飛翔姿のハイタカがやってきた。

Htk4

 ここにねぐらを構えているいつものハイタカだと思うが、その判定は定かではない。

Htk11

 青い空をバックに気持ちよさそうに旋回してくれるが、だんだんと高く上がっていってしまう。

Htk12

 鳥撮りはそのカメラマンのわがままで、飛翔姿ばかりだとたまには枝どまりもいいなと思ったりする。

Htk14

 そうかと思えば、ごちゃごちゃした枝被りにいると、もう少しすっきりした枝に出てきてほしいとも思う。

Htk15

 なんといっても相手は、空を飛べる翼をもっているので敵わない。それを追うには二本足歩行では到底無理である。それでもハイタカの優雅な飛翔に遭えた河原の土手でのうれしい観察である。

木の実に飛びつく    コジュケイ

 早朝の公園を歩くときは足元をよく見て歩かないと、薄暗い散策路の脇をゆっくり、のんびりと歩くコジュケイの家族がいるかもしれない。

Kjk21

 ある日の夜明けが始まるころの公園の入り口付近、デイパックにて背負ってきたカメラをセットして歩き始めると、灌木の下に何か動くものがいる。

Kjk22

 よくよく見ると、コジュケイの家族が13羽ほど採餌をしながら歩いている。それにしても餌採りに夢中なのかカメラマンを無視している。

Kjk23

 いつもなら人の気配を感じると、さあっと一斉に藪の中に逃げ込んでしまうはずが、我関せず傍若無人の採餌に集中の行動である。

Kjk24

 地面に落ちている木の実や虫たちをひたすら啄んでいるものもいるが、上から垂れ下がっている木の実を狙っているものもいる。

Kjk25

 上を向いて木の実に狙いを定めると、思い切りジャンプをしてその実をくちばしで咥えてくる。

Kjk26

 地面をのんびりと歩く姿は見慣れているが、ジャンプをして木の実を採るコジュケイの行動は初めてである。早起きは三文の徳であった。

 

獲物を見て!   続 続 カワセミ

 漁が下手くそだなと言って後を追ってみたが、再度狙いを水面に定めてじっとしている。時々周りを警戒しながら池を覗いている。

Kwsm51

 そんなときに上空に鋭い飛翔姿を見せたのは、ハイタカである。カワセミをさておきハイタカの飛翔を追う。

Kwsm52

 ハイタカは森かげに飛び込んだと思ったけど、すぐに出てきて、青い空をバックに見事な飛翔姿で上空に上がっていってしまった。

Kwsm53

 さて、カワセミ君はどこかとみてみると、いつの間にか小魚を咥えて、これ見よがしのスタイル。

Kwsm54

 枯草の中のしっかりした茎にとまって、どうだといわんばかりに見せびらかしている。立派だよ!でも、獲るところを見せて!

Kwsm55

         ここでは、魚をくちばしでたたいて、弱らせることもできないよ!

Kwsm56

 咥えられた小魚も最後の抵抗をする。体をくねりながら逃れようとする陽の光に光る銀色の小魚を、何とか飲み込もうとしている姿は、獲った獲物をよく見てよと言っているようである。

 

 

 

 

突撃     続 カワセミ

 しばらくの間見事なホバリングをしていたカワセミは、意を決したのか獲物をめがけて急降下の体制に入った。

Kwsm41

 そういう時に困るのは、腕がないのでカメラが追い付かないことである。飛び込みの瞬間を狙うなら置きピンで、水面を狙うかどうかである。

Kwsm42

 それにしてもその突撃体制は見事なもので、ブルーの翼を閉じて長いくちばしから一気に水中をめがけている。

Kwsm43

 すぐに追いかけたが水中はピントが合わず、ピンボケの量産で、結局水中から飛び出してくるところになってしまう。

Kwsm44

 きれいな水でそのうえ底が見える池なので、水中で魚を捕獲する場面を捉えてみたかったが、腕がついていかない。

Kwsm45

 こんなことを続けていくうちに、カメラのスキルも上がっていくのかなと、負け惜しみをつぶやいている。でも頑張るぞ!

Kwsm46

 今回は狙った獲物は捕れずに、嘴には何も見えない。人のことは言えないが、長いホバリングの割には漁の下手なカワセミ君である。

 

 

水辺の青     カワセミ

 青い宝石と言われるカワセミ、枯れた草木の中にとまっているとその青さが目立つ。特に今の時期は、羽毛もきれいになっているので見ごたえがある。

Kwsm21_20200204112501

 河原の水面を低空で飛び回っているが、やってくるときは必ず「チッチッチッチ-ィッ」と鳴きながら飛んでくるのでわかりやすくてうれしい。

Kwsm24_20200204112901

 この河原の湧水池も以前は小さく、あまりカワセミも姿を見せなかったが、夏の大雨で増水してからはその池がかなり大きくなって、水がきれいになり魚が増えたようである。

Kwsm31

 魚や鳥たちの餌になるものが増えたせいか、カワセミはもちろんカルガモをはじめとして、カイツブリやカワウなどがたくさん居つくようになった。

Kwsm33

 池の水面に倒れ掛かった枯草の茎に、そのカワセミがやってきた。池の底が見えるような澄んだ水の中の獲物を探している。

Kwsm34

          どれにしようかな?

Kwsm35

 天気が良すぎて水中が見えにくいのか、ホバリングを始めて獲物を探し始めた。かなり長い間ホバリングを見せてくれるカワセミである。

 

 

さあもう一仕事  続 続 続 コミミズク

 カラスとのバトルを終えて戻ってきたコミミズクは、草むらに下りて一休みというところか。

Photo_20200203160701

 かなり興奮したと見えて、頭には小耳が立っている。これは実際は耳ではなく羽毛(羽角)でコミミズクの命名はそこからきている。

Photo_20200203160702

 地上に降りて周りをキョロキョロする姿は、扁平した顔とその表情とともにユーモラスで愛嬌がある。

Photo_20200203160703

 コミミズクの首は約270度回るので、潜望鏡のように、ほとんど同じ位置で周りを見渡すことができるから便利である。

Photo_20200203160704

 上空で謝りを入れたカラスも、すでに過去のことのようにコミミズクの後を追いかけてくる。そのしつこさがある意味では大事かもしれない。

Photo_20200203160801

 「本当に懲りないうるさいやつだな」と思いながら、それを無視して獲物探しに集中するコミミズクである。

Photo_20200203160802

 カラスのほうも一定の距離を保ちながら近づいてくる。あまりのしつこさに業を煮やしたコミミズクは、夕闇迫るフィールドに、もう一仕事と飛び立っていったのである。

カラスとのバトル   続 続 コミミズク

 コミミズクが一生懸命獲物を探して飛んでいると、その獲物を横取りしようとカラスがそれを待っている。カラスのほうが悪知恵が働くのだろうか?

Photo_20200203153101

 実際には本気を出せば、猛禽のくちばしと足の爪には敵わないカラスであるが、飛び出してきたコミミズクにちょっかいをだすのである。

Photo_20200203153102

     それに怒ったコミミズクは、 悠然とカラスを追いかける。

Photo_20200203153201

     「おいこら、待て!」

Photo_20200203153202

      「なにくそ、負けてなるものか」

Photo_20200203153203

      「俺は怒ってるんだぞ!ところで、どうして同じ翼の形になるんだ?」

Photo_20200203153204

      「ほんのいたずら心ですから、勘弁してくださいよ!」

Photo_20200203153205

      「そう簡単に許すわけにはいかないよ!」

Photo_20200203153301

      「ここは俺の縄張りなんだから、追い出してやる。」

Photo_20200203153302

 「今度邪魔したら、容赦しないぞ!」あまりの激しさにカラスもすごすごと退散したのである。

 

 

ゆっくりとホバリング   続 コミミズク

 広いフィールドをゆっくりと飛び始めたコミミズクは、低空飛行で獲物を探しながら、時々草むらに下りてあたりを見回している。

Photo_20200203151701

 風が少し強いので、獲物を探すのが大変なのかもしれない。かなり遠いところなので、近くに来てくれないかなと思いながら、待っているが後ろ姿が多くなってしまう。

Photo_20200203151702

 そんな思いを察してか、期待に応えて正面顔で向かってきてくれる時もあるが、陽をせなかにしているので、顔がはっきりとしない。

Photo_20200203151703

 獲物を探して飛ぶときは下を向いているようなので、目がはっきりと出てこない。それでも少し近づいてきて、獲物探しのホバリングを見せてくれた。

Photo_20200203151704

 シャッター速度をあまり落としてなかったので、ホバリングの羽が止まっている。少しはぶれていた方が、ホバリングの臨場感が出たのにと思っている。

Photo_20200203151801

 何とかネズミでも咥えたところをファインダーに収めてみたいと、膝が震える寒さの中を我慢して狙っているのである。

 

こんなところにいたの?   コミミズク

 コミミズクの季節になって、仲間は遠征してその姿をファインダーにきれいに収めている。週末バーダーとしては、その辺がなかなか思うようにいかない。

Photo_20200203144401

 聞くところによると、意外と近くに来ているよということで、朝から快晴の休日、さっそく午後のコミミズクの飛び出す時刻に、そのフィールドに足を運んでみた。

Photo_20200203144402

 観察ポイントは限られているので、冬の陽は午後も3時を過ぎると傾き始めて、ちょうど逆光になってしまう。

Photo_20200203144403

 条件としては、時間の経過とともに西の山に陽が落ちてゆくので、さらに悪くなっていく。最初から腕の悪さを逆光のせいにしているのは、いかがなものかと思う。

Photo_20200203144404

 西日がまぶしくなるころ、二羽のコミミズクが飛び出してきてくれた。探すのは陽の光に白く光る物体である。かなりの距離があるが、制限された場所からしか狙えないのが、残念である。

Photo_20200203144501

 それでも何とか我がAFは、その飛翔姿を追いかけてくれた。陽が山に隠れてしまうと、冷たい風が西の山から吹きおろしてくる。老体には限度かと思いながら、せめて獲物をとるところをと、頑張ったのである。

 

目を凝らしたら   アリスイ

 好天に恵まれた休日、久しぶりに河原に出てみた。真っ青な空に雲一つなく、北風は冷たいが太陽の光がそれを少し和らげてくれる。

Arsi2

 程よい風があるので、青空に猛禽でも飛んでくれないかなと見上げるが、遠くに伝書鳩の群れが見えるだけである。

Arsi11

 それではと目の前の枯れた草むらに目をやると、動き回っている鳥の姿が見える。枯れた草や枝にとまって動かないと、見失ってしまう。

Arsi12

 双眼鏡で目を凝らしてみると、アリスイである。保護色になっているので、動いた時が見つけるチャンスである。

Arsi14

 手前の池を飛び回っているカワセミなどは、色がきれいなので、ざっと見るだけでどこにいるかがよくわかる。

Arsi23

 ところが、このアリスイは周りの景色に同化してしまって、見えなくなってしまう。特に視力が落ちてきている昨今は、見つけにくい鳥の一種である。それでも一年ぶりに出遭えてのでうれしい限りである。

 

 

 

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »