野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« こんなところにいたの?   コミミズク | トップページ | カラスとのバトル   続 続 コミミズク »

ゆっくりとホバリング   続 コミミズク

 広いフィールドをゆっくりと飛び始めたコミミズクは、低空飛行で獲物を探しながら、時々草むらに下りてあたりを見回している。

Photo_20200203151701

 風が少し強いので、獲物を探すのが大変なのかもしれない。かなり遠いところなので、近くに来てくれないかなと思いながら、待っているが後ろ姿が多くなってしまう。

Photo_20200203151702

 そんな思いを察してか、期待に応えて正面顔で向かってきてくれる時もあるが、陽をせなかにしているので、顔がはっきりとしない。

Photo_20200203151703

 獲物を探して飛ぶときは下を向いているようなので、目がはっきりと出てこない。それでも少し近づいてきて、獲物探しのホバリングを見せてくれた。

Photo_20200203151704

 シャッター速度をあまり落としてなかったので、ホバリングの羽が止まっている。少しはぶれていた方が、ホバリングの臨場感が出たのにと思っている。

Photo_20200203151801

 何とかネズミでも咥えたところをファインダーに収めてみたいと、膝が震える寒さの中を我慢して狙っているのである。

 

« こんなところにいたの?   コミミズク | トップページ | カラスとのバトル   続 続 コミミズク »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« こんなところにいたの?   コミミズク | トップページ | カラスとのバトル   続 続 コミミズク »