野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 漁は失敗か   続 続 続 続 オオワシ | トップページ | 雪の塒を覗く    コハクチョウ »

雪の水面で    ヨシガモ

 春がそこまで来ているというのに、朝から雪が降る一日が始まる。その雪もかなり重い雪に見える。

Photo_20200217142401

 雪が降ると喜ぶのは犬と子供であったが、最近はその犬や子供の姿もあまり見なくなった。座敷犬が多くなり、ゲームに没頭する子供が増えたのである。

Photo_20200217142501

 昔子供だった頃は、雪が降るとその新しい雪に最初の足跡をつけるのが楽しみで、早起きをするのであった。雪の降る日は静かな夜明けなのである。

Photo_20200217142502

 ところが、年を重ねて経年劣化の激しい昔の子供は、ガラス越しに雪を見ても出かけるのを躊躇している。

Photo_20200217142503

 にぶい決断力でも雪景色の鳥たちを撮りたくて、背中に貼るカイロを二枚もつけて出かけてゆくのである。

Photo_20200217142504

 コハクチョウがねぐらにしている雪の降る池には、コガモやオカヨシガモ、ヨシガモなども飛来している。コガモの群れではアメリカを探し。

Photo_20200217142505

 それが見つからないと、ヨシガモの尾羽と頭のメタリックな緑色を探す。それを見つけると、双眼鏡で観察し続ける老体である。

« 漁は失敗か   続 続 続 続 オオワシ | トップページ | 雪の塒を覗く    コハクチョウ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 漁は失敗か   続 続 続 続 オオワシ | トップページ | 雪の塒を覗く    コハクチョウ »