野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 見事な飛翔    続 チョウゲンボウ | トップページ | 朝陽を浴びて   ソウシチョウ »

メスはどうしたの?   トモエガモ

 ヒドリガモの群れの中に一羽のトモエガモのオスだけがいる。この季節になると、この中にもメスの姿が見えるはずであるが、見当たらない。

Photo_20200323134801

 以前も近くの公園の池にトモエガモが来ていたが、やはりオスがたった一羽で越冬していた。

Photo_20200323134802

 渡りの群れからはぐれてこの池に降り立ってしまったのか、ここで一冬を越したようである。

Photo_20200323134803

 カモ類はあまり得意ではないが、このトモエガモとかアメリカヒドリなどは好きな方である。

Photo_20200323134804

 なぜかというと、頭や首周りのグリーンのメタリックの色が陽に映えて、きれいに見えるのが好きなのである。だから、もちろんヨシガモのオスなどもその中に入る。

Photo_20200323134805

 西の方の池には数十羽のトモエガモの群れが来ているのだが、広い池なのであまりにも遠く、その表情が良く見えない。この池はたった一羽と数は少ないが、近くで良く見えるのでうれしいかぎりである。

 

 

« 見事な飛翔    続 チョウゲンボウ | トップページ | 朝陽を浴びて   ソウシチョウ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 見事な飛翔    続 チョウゲンボウ | トップページ | 朝陽を浴びて   ソウシチョウ »