野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

営巣中の水浴び     イカルチドリ

 清流の曲がりくねった石ころだらけの河原に、イカルチドリの鳴き声が聞こえる。

Photo_20200428135701

 この河原で営巣しているはずであるが、その場所はよくわからない。簡単にわかる場所で営巣するべくもなく、声だけは聞こえる。

Photo_20200428135702

 自然界はよくできたもので、鳥たちの外観も天敵に狙われないようによくカモフラージュしている。

Photo_20200428135703

 川の流れを挟んだ対岸の石ころの中の営巣場所を探すのは、経年劣化の激しい老眼には難しい作業である。

Photo_20200428135801

 時々飛んで見せるので、その下りたところから追いかけてみるが、見事にまかれてしまう。

Photo_20200428135802

 そんなイカルチドリが水際に来て、水浴びの姿を見せてくれた。そのうちに雛が歩き回るだろうことを楽しみに岸辺を後にしたのである。

 

婚姻色と菜の花    アオサギ

 河原にいるサギたちがそれぞれ婚姻色に変わってきた。レースを着たようなダイサギがセイヨウカラシナの向こうにいる。

Photo_20200428125601

 これはよい場面だと思って花の位置取りをしていると、警戒して飛んでしまった。

Photo_20200428125602

 鳥撮りの鉄則、まずシャッターを押す、それからいろいろな位置取りをかんがえること。これを怠ってしまった。

Photo_20200428125603

 残念な思いで歩いていると、アオサギが動かずに花見をしている。アオサギでもいいかという気持ちで被写体にしてみる。

Photo_20200428125701

  よく見ると婚姻色のくちばしがきれいなピンク色をしている。普段見過ごしてしまうアオサギもなかなか見ごたえがある。

Photo_20200428125702

 季節の花とその時期の鳥の姿が、見事にマッチングしている感じである。

 

 

腹ペコ青虫がたくさん?   コムクドリ

 桜並木の若葉が緑の濃さを増してくると、柔らかい新葉を食べに小さな青虫がたくさんついている。きっと腹ペコな青虫なんだろう。

Photo_20200427145601

 桜の樹木の下を見上げながら歩いていると、細い糸にぶら下がった青虫が目の前にいることがある。

Photo_20200427145602

 口を開けて歩いていようものなら、口の中に入ってしまう。そんな青虫が大好物なコムクドリの群れがいる。

Photo_20200427145603

 季節が過ぎるごとに青葉が大きくなっていくので、そのコムクドリの姿が日増しに見えにくくなってくる。

Photo_20200427145604

 それでも青虫を狙って動き回り、たまに樹木の緑の葉の上に顔を出してくれることがある。

Photo_20200427145701

 ブルーメタリック色のきれいなオスと、優しそうなまなざしを見せるメスが、交互に顔を見せてくれた。なんといってもオスのきれいな装いにはついついレンズを向けてしまう。

 

 

 

いつものところでいつも出遭える   キジ

 人の歩かない時間帯に人のいない黄色の花と石ころだけがある河原を歩くと、いつも出遭うのはキジのおすである。

Dsc_6728

 最近はメスの姿が見えないので、すでに抱卵に入っていると思われる。

Dsc_6729

 それでもオスは、大きな声で「ケーン ケーン」と鳴くと、「ドッドッドッ・・・・」と力強く母衣打ちをする。

Dsc_6730

 メスが抱卵しているというのに、まだまだ恋人募集中という感じである。

Dsc_6731

 同じ河原で鳴きながら上流へ歩いて縄張りを宣言していたオスは、今度は下流に向かって歩いてきた。

Dsc_6732

 手前にはほかのオスの姿が見える。これも黄色の花をつけたセイヨウカラシナの中をゆっくりと歩いている。

Dsc_6733

 上流から下流へ向かっているオスはこの姿を見つけたらしく、河原を低空飛行でそのオスに向かってくる。

Dsc_6734

 それを察したよそ者は、すかさず近くの藪の中に姿を隠してしまった。

Dsc_6735

 そのあたりの草むらをを探し回るように歩き回ったが、じっと隠れているらしくもう一羽は姿を見せない。

Dsc_6736

 再度自分の縄張りを誇示するように、一段下の土手の上に上がって、黄色の花を背景に、またしても大きく羽を広げて母衣打ちをしているのである。

 

巣立ち雛の給餌に忙しい    モズ

 朝晩の風は冷たく感じるが、昼間はぽかぽか陽気が続くようになってきた。外出自粛があるので、人のいない時間に人のいないところを歩いてみる。

Dsc_6910

 以前からモズのペアーが忙しそうに餌を運んでいた土手下の藪に、モズの雛が姿を見せた。

Dsc_7094

 二羽ほどいるようだが、短い距離は飛んで見せる。

Dsc_7065

 親鳥が餌を探しに出かけると、顔を出してくるところが営巣場所だったようである。

Dsc_6992

 見ていると、よちよちと出てきて待っていると、しばらくするとオスが獲物を咥えてやってくる。

Dsc_6993

 雛は甘えるように鳴きながらながら、親鳥が餌を入れてくれるのを待っている。

Dsc_6998

 まだ一人前にそろっていない羽を大きくばたつかせて、小さな口を大きく開けて受け取る。

Dsc_6999

 えさを与えたオスは、再び餌を探しに飛び立っていくのである。

Dsc_7004

 よく見ていると、その給餌の回数は圧倒的にオスのほうが多い。たまにメスが餌を咥えて戻ってくるが、タイミングが悪いのか、ひながいないのか、自分で食べてしまうことがある。

Dsc_7006

 早朝からよく働くモズの親と、必死で生きようとする雛のほほえましい姿を垣間見た早朝である。

 

 

 

隣組に巣作り   オナガ

 街路樹のハナミズキがきれいになってきた。本来ならば新緑を楽しめる時季であるが、新型コロナウイルスの猛威はそんな雰囲気を吹き飛ばしてしまう。

Photo_20200424170801

 外出自粛の中で運動不足を解消するために近所を歩いてみると、鳥たちは、巷のウイルス禍はどこ吹く風で巣作りに忙しい。

Photo_20200424170802

 ツミと共生しているのかといわれるオナガが、ツミの営巣場所の近くに同じく巣作りを始めている。

Photo_20200424170901

 鳴き声は結構うるさいオナガであるが、その容姿は黒いベレー帽に水色のマントという好きなスタイルである。

Photo_20200424170902

 そんなオナガも繁殖期になって、せっせと細かい小枝を嘴に咥えて運んでいる。

Photo_20200424170903

 オナガは同類のカラスに狙われることが多いので、ツミと共に無事に子育てが成功することを祈るばかりである。

 

巣作りの後は狩りへ  続 続 続 ツミ

 子供のころは、待ちわびていたものが手に入ると嬉しくてしばらくの間それに没頭していた。

Photo_20200421142201

 今回のツミの営巣準備の出遭いはそれに似ている。そろそろツミが飛び回る時期だなと、通勤途中の駅までの街路樹を見上げて、このあたりにいるはずだと期待していた。

Photo_20200421142202

 待ち焦がれていたツミが、一生けん命巣材集めをしている姿を見て、ついつい連写をしてしまった。枚数が多くなるとそれの現像にも手間暇がかかる。

Photo_20200421142901

 そんなわけで、今回はツミの連載になってしまった。今後は雛が巣立つまでの間、静かにその経緯を観察していきたいものである。

Photo_20200421142902

 休む間もなく枝折をして巣材を運んでいるメスが頑張っているのに、オスは一足早く東の方向に狩りに出かけたようである。

Photo_20200421142903

 それを見たメスも一休みした後、こんどは西の方に向かって餌を探しに飛び去ってしまった。朝ごはんの前に一仕事をすることを昔の人は「飯前(めしめ)仕事」といったものである。ツミの行動はそんな光景を想像させるものであった。

 

 

女性は働き者?  続 続 ツミ

 専業主婦という言葉がいつごろから使われたかは定かではないが、一般には、結婚している女性で賃金労働で働く以外で、家事を専業にしている女性のことを言うらしい。

Photo_20200420154501

 マルクス主義では、再生産性労働(家事、出産、子育てなど)に携わる女性という定義もある。兼業農家で育った経験からみると、形は専業主婦の母親は、かなりの労働をしていたように思う。

Photo_20200420154502

 ツミの巣材集めを見ていると、メスの働きがかなりの部分で重要なポイントになっているのではないかと思う。目の前のその枝折を見ていると、さかさまになってくちばしでへし折っている。これも家事の一つなのだろうか。

Photo_20200420154503

 見ているところ、二羽で入れ替わり立ち代わり営巣場所に運んでいるので、オスも一生懸命巣材集めをしているのだろうと思うが、目立つのはメスの活躍である。

Photo_20200420154601

 鳥の世界もそれぞれの役割分担ができていて、お互いに文句をいわずに思いやりを持って行動しているのかなと思う。ところで我が家はどうだったのだろうか?

 

巣材集めの迫力  続 ツミ

 目に見えない敵はなかなか手ごわい、今回の新型コロナウイルス禍、当初の目論見とは違ってかなり攻撃的に見えてくる。

Photo_20200420143401

 最初のころは、暖かくなれば自然に消滅するとか、若い人はかかりにくいとか言われていたが、それがすべて覆されている。

Photo_20200420143402

 確かに原因がわからないのだから、どんな症状になるかもわからないのかもしれない。わかっているのは人から人に感染するということである。

Photo_20200420143403

 そのために外出自粛と言われているので、近くの公園の人の居ない時間帯に、運動不足とストレスの解消のために歩いてみる。

Photo_20200420143404

 見上げる若葉の樹木には営巣準備を始めたツミのペアー、共同作業で巣作りのための巣材集めに忙しい。

Photo_20200420143501

 見ていると生木の枝折作業をしているが、その作業の迫力はものすごい。頭をさかさまにして細い枝を咥えたかと思うと、体重全体をかけて折り曲げる。

Photo_20200420143502

 見事に枝折に成功すると、それをもって営巣場所に運ぶ、そんな作業を休む暇もなく続けている巣作り最中のツミである。

 

 

若葉の芽吹きと共に    ツミ

 今シーズンもツミの季節がやってきた。家を出るとちかくで鳴き声が聞こえるので、きっとこのあたりで営巣を始めてくれるだろうと期待感いっぱいである。

Photo_20200419175401 

 雨上がりの好天の陽射しのまぶしい早朝、外出自粛もあるので人の少ない時間帯に、公園を一回りしてみる。

Photo_20200419175402

 このあたりで鳴き声が聞こえたなあと思うところでしばらく待っていると、見上げる若葉の上を鳴きながら飛んでいくツミの姿が見える。

Photo_20200419175701

 飛び去った先の方に向かうと、聞こえてくるのはオナガの鳴き声、例年の傾向だとオナガの鳴き声がすると、間違いなくその近くでツミが営巣を始めているはずである。

Photo_20200419175502

 にぎやかなオナガの群れが飛び交う公園の樹木のうえの方に、オナガとは違う飛翔姿が見える。

Photo_20200419175503

 オナガが飛び去ると二羽のツミがせっせと巣作りを始めている。今年も期待感が大きい公園である。

 

 

あきれ返るメス    続 アオゲラ

 夢中になって餌を探しているオスの姿は、子育てが始まっているのか、それにしては同じところに長居をしている。

Photo_20200418161401

 一方のメスは下の方から上の幹まで動き回って、餌探しをしている。

Photo_20200418161402

 そんなメスに一目もくれずの採餌の姿は、あきれ顔で眺めているようなメスの表情である。

Photo_20200418161403

 見ていてもハラハラするが、「食べ物の恨みは厳しいよ」とアドバイスしたくなる。

Photo_20200418161501

 それでもわき目も振らずに夢中になっているオスは、メスの行動は見えていない。

Photo_20200418161502

 そのうちに反対側に移動して、空を見上げるようにしたかと思うと、オスをおいて飛び去ってしまったのである。無事に子育てが終わることを祈るばかりである。

 

 

おいしい餌場    アオゲラ

 静かな朝の森に響き渡るのはドラミングの音。森の散策路というのか獣道というか、踏み分け道のわきの草葉は濡れている。

Photo_20200418155101

 その音のする方向に急ぎ足で近づくと、トレッキングシューズはもちろんズボンのすそまで濡れてしまう。

Photo_20200418155102

 陽が射し始めてきた樹木を逆光気味に見上げると、アオゲラのオスが樹木の幹にとりついて朝食の最中である。

Photo_20200418155103

 新緑の葉が少し邪魔をするので、それを避けてアオゲラに近づいてみる。

Photo_20200418155104

 すると反対側にも同じくアオゲラがいるらしい。よく見てみると姿を見せたのは、アオゲラのメスである。

Photo_20200418155105

 オスは同じところからなかなか動かないところを見ると、かなり好物を見つけたらしい。その反面、メスは近くを上に行ったり下に動いたりと、探し回っているようである。餌の確保はペアーでも厳しい世界なのかもしれない。

仲良し三兄弟   続 タヌキ

 鳥のことは長年関わってきたので少しわかってきて、素人には講釈も言えるようになってきた。

Photo_20200416210301

 ところがたくさんいる野生動物には興味はあるが、その生態はほとんど詳しいことは何も知らない。

Photo_20200416210401

 鳥を待っている間、結構その野生動物が近くに出てくることがあるが、ただ姿を追うことだけになってしまう。

Photo_20200416210402

 この河原にもたくさんの野生動物がいるらしいが、その出現を待っているというわけではなく、いれば好奇心を高めるだけである。

Photo_20200416210403

 その道のベテランの話によると、この河原には13匹のタヌキが家族でそれぞれ生息しているという。そして、その家族の特徴とその棲み処をしっかりつかんでいるのである。

Photo_20200416210404

 そんな話を聞いていたが、噂のタヌキの仲良し三兄弟が集まってきて、暖かい日差しの下で和やかな様子を見せてくれた。

 

お日柄もよろしく   タヌキ

 夜明けが早くなった昨今、4月だというのに寒かったり暖かかったりと、年寄りには試練の毎日である。

Photo_20200416204301

 桜の花びらが散って、夏鳥たちがやってきたというニュースも聞こえるのに、遠く丹沢山塊を見るとうっすらと雪化粧が見える。

Photo_20200416204302

 最近の気候も例年のようには素人では予測ができないようになってきた。昔は履いていた下駄を放り投げて、表が出ると晴れ、裏返しになると雨だった。

Photo_20200416204303

 懐かしいのどかな光景である。ところが、ここのところの目に見えないコロナの影響で、生活環境は一変している。

Photo_20200416204304

 外出自粛で人ごみのところには出かけられないので、人気のない時間に人のいないところに行くことが多くなっている。

Photo_20200416204401

 そんな中、暖かな日和の早朝の土手を歩いていると、出てくるのはタヌキばかりである。バーダーとしては夏鳥を探しているのだが、ファインダーに収まるのは、暖かな日和の中をのんびりと歩き回るタヌキである。

 

 

春の花に囲まれて母衣打ち    キジ

 三蜜を避けてストレス解消、健康維持をしなければこの新型コロナ禍は乗り切れない。

Dsc_3891

 そんなときは、人の少ない早朝の河原散策が最適である。

Dsc_3892

 ここでは、いつも待ってましたというように姿を見せてくれるのは、キジのオスである。

Dsc_3893

 今朝も河原の散策路を歩いていると、すぐ近くで鳴き声と母衣打ちの音が聞こえる。

Dsc_3894

 見ると足元の草の陰にいるではないか。少し驚いた様子を見せたが、すぐに逃げるわけでもなく、ゆっくりと歩いている。

Dsc_3895

 背後に人の影を感じたのか、砂利道の真ん中を速足で歩いていくが、そのあとをついていくと、黄色の西洋カラシナの中に入っていく。

Dsc_3896

 その草むらで、やわらかい草の葉を啄んでいたかと思うと、上を見上げるように背筋をのばした。

Dsc_3897

 このポーズは母衣打ちのポーズである。カメラを構えて待っていると、大きく口をあけて「ケーンケーン」と響き渡るように大声で鳴く。

Dsc_3898

 そのあとには大きく羽を広げて、母衣打ちである。春の黄色の花に囲まれての母衣打ちのポーズ。

Dsc_3899

 この姿はさすがに「男らしい!」と思える。昨日までメスを二羽引き連れていたが、まだまだ子孫を残そうというところか。

Dsc_3912

 最後は体を膨らませて大きく見せる、天気の良い早朝のキジのパフォーマンスであった。

 

おくれてきた   キレンジャク

 出遭いが待ち遠しく、すでに少し諦めかけていたレンジャクが姿を見せた。それもキレンジャクである。数年前には近くの公園に来たのを観察しに行った記憶がある。

Dsc_3089

 例年だと来るとしてもヒレンジャクで、なかなかキレンジャクに出遭えることは少ない。地域によってはヒレンジャクが珍しいという地域もあるらしいが、関東周辺ではヒレンジャクが多かった。

Dsc_3113

 ところが、今シーズンは各地からの情報では、キレンジャクが多いことが伝えられていた。レンジャクの当たり年ともいわれていたのである。

Dsc_3121

 今回は時期的には遅いほうであるが、そのキレンジャクに出遭えることができてその喜びはひとしおである。しかもいつもだと寄生木に現れるので、観察しているうちにそれも楽しみの一つであったが、例のだらーりと垂れてくるものが見えるのである。

Dsc_3133

 今回姿を見せたのは、少し黄色っぽい若葉が萌え始めたケヤキの樹木の高いところである。しかも4羽すべてがキレンジャクである。

Dsc_3143

 少し遅れてきたキレンジャクではあるが、忘れないでわが河原に立ち寄ってくれたことに感謝しているのである。

 

 

魅惑のメタリックカラー コムクドリ

 待ち人来たらずというと、期待感を持っていてがっかりすることがある。新年の初詣でおみくじを引くと、それらのことが書いてあることがある。

Dsc_2508

 その場で読んでみて、中吉であれば内容はあまり覚えていなくても、その内容に少しほっとして、近くのおみくじを結ぶところに結んできてしまうことが多い。

Dsc_2539

 季節になるとやってくる旅鳥が、気候の変化で桜の開花が早かったりしても、その時期には必ず姿を見せてくれるのはうれしいものである。

Dsc_2566

 コムクドリはどちらかというと桜の花が散った後にやってくる。ちょうど花びらが散って、桜蕊の色が赤っぽく見えるようになると、桜の若葉が出始めそこにやってくる。

Dsc_2591

 桜の木にとりついたコムクドリは、若葉についている虫を取っているのだろうか、細い緑の虫を嘴に咥えていることが多い。ひょっとすると虫ではなく、やわらかい若葉を食べているのかもしれないと思うほどである。

Dsc_2686

 そんなコムクドリが、河原の桜並木にやってきた。幸いに良い天気で、一年ぶりのあのきれいなオスのメタリックに光る背中と、優しそうなまなざしが印象的であった。

 

 

愛の巣穴掘り   カワセミ

 例年にない季節の移り替わりの体験で、やっと春らしい天気が続くようになった。大雨ですっかり景色が変わってしまった石ころだらけの河川敷きにも、草木が生えてたくさんの鳥たちも姿を見せるようになってきた。

Dsc_1956

 増水で流されてできた新しい崖にカワセミが巣穴を掘り始めた。子孫繁栄のためか愛おしいメスのためか、あの小さな体でそれなりに大きな穴を掘る。

Dsc_1993

 川の流れの中の石の上では、メスがその様子をじっと見ている。オスの働きに感謝しているのか監視しているのか、マイホームに夢を託しているまなざしである。

Dsc_1994

 そんな視線を感じながら、オスはせっせと穴掘り作業に精を出している。

Dsc_1995

 河原の石ころの上で一息ついて、穴の方を見上げるように眺めては飛び込んでいく。

Dsc_1996

 体が巣穴の中に入ったかと思うと、すぐに小さな長いくちばしを汚して泥を咥えて出てくる。

Dsc_1997

 そんな作業を何度も何度も繰り返している。

Dsc_1998

 カワセミの体は小さいと言っても、オスとメスが入り子育てをするのだから、かなり大きな巣穴が必要になる。

Dsc_1999

 それをあの小さな嘴で作り上げるのだから、大変な作業である。どこの世界もオスは頑張るんだなと思わせる光景である。

Dsc_2001

 見ていても何度か穴掘りをすると、上流の方に飛んで行って一休みしているのか、採餌しているのか、しばらくするとまた戻ってきてもくもくと作業を続ける。

Dsc_2002

 その巣穴堀の近くを見ると、すでにいくつか穴があり、メスが気にいってくれなくて作り直しているのかとも思う。それを見ると簡単に穴掘りをしているように見えるが、大変な作業である。

Dsc_2003

 そこには、子孫を残さんとするオスのけなげな本能的な姿が見える。きっと優しいメスがそれを気にいってくれて、やがてたくさんの雛たちが、この河原を飛び回る光景が見られることだろう。それを多いに期待したいところである。カワセミの愛の巣穴堀である。

 

 

 

 

やっと地元に    キレンジャク

 コムクドリとの出遭いで、林の中を歩く足元も軽やかである。好天の土手に上がってみると、少しにぎやかな雰囲気を感じる。

Dsc_2859

 すると、鳥友さんが、目の前にコムクドリのオス、見上げる高いケヤキの樹木の新緑には、キレンジャクがいるよと教えてくれた。

Dsc_2868

 今シーズンはレンジャク類はどこでも多く見られたようであったが、地元ではなかなか出遭いが少なかった。

Dsc_2948

 それらしき寄生木があるところは回ってみたが、ほとんどのところはその寄生木のある枝は切られてしまっていた。

Dsc_2986

 聞くところによると、寄生木の共生しているケヤキなどは、あまりほおっておくと本体の樹木が養分をとられて負けてしまうらしい。

Dsc_2997

 今シーズンはあきらめていた地元でのレンジャクが、目の前に姿を見せてくれたので、うれしい朝の鳥見になった。その上キレンジャクが4羽とは、この上ない喜びである。

 

 

そろそろかと思っていたら    コムクドリ

 河原の土手の桜の花も早めに終わったが、そろそろコムクドリの季節かなと思いながら河原を歩いてみた。

Dsc_2309

 桜並木も花びらがすっかり落ちて、若葉と桜蕊が目を楽しませてくれる。

Dsc_2311

 人通りの少ない河原の土手は、新型コロナウイルスとは縁がなさそうな少し冷たい風がふいている。

Dsc_2317

 空気は冷たくて気持ちがよく、見上げる空は青空の良い天気である。一通り桜並木を眺めてみたが、動くものといえばヒヨドリだけけでコムクドリの姿は見えない。

Dsc_2335

 いつもの土手を歩くコースの支流との合流点の河原に出てみる。この近くには猛禽がいることが多いので、期待はそれである。

Dsc_2374

 森の中では、まだうまく囀れないウグイスの声が聞こえてくるが、姿はなかなか見つからない。

Dsc_2337

 見上げる樹木の中に動き回る小さな鳥の陰、見慣れない姿なので順光側に回ってみると、なんとコムクドリである。オスとメスの4羽の群れである。今シーズン初めての出遭いでうれしい朝になった。

 

無視されて見送る姿   続 続 続 キジ(♀)

 多分目の前にいるメスは、昨日のオスに引き連れられていたメスの片割れと思う。今朝はさみしく一羽での採餌風景か?

Photo_20200406162601

 春霞の逆光の河原の道端で待っているバーダーを無視するように近づいてきたキジメスは、その周りを迂回するように道路わきの草むらに入る。

Photo_20200406162701

 一時姿が見えなくなったがひょっこりと顔を出したかと思うと、順光の位置にその姿がある。

Photo_20200406162702

 今度は光の加減も良いので、きれいに撮ってねと言わんばかりに、河原に咲く花のところに行って少しの間ポーズをとって見せる。

Photo_20200406162703

 少し低い位置の草むらに足元が隠れてしまったので、足も入れてみたいなと思うと、それが見えるような場所に出てきてくれた。

Photo_20200406162704

 最後には河原の散策路に出てきて、今日はこれまでよと振り向いて、営巣するだろうと読んでいる方向にゆっくりと歩いて行ったのである。

逆光の中を  続 続 キジ(♀)

 最近のこの河原は冬鳥たちの姿が見えなくなって、キジとタヌキとオオタカぐらいしか早朝の散歩を楽しませてくれない。

Photo_20200406160102

 昨年の夏の大雨ですっかり流されてしまったセイヨウカラシナが、石ころだらけの河原にパラパラと咲いている。比較的まとまって咲いているのは少し上流の河原である。

Photo_20200406160201

 今朝はそこでセッカでも飛んできてくれないかと待ってみるが、周りには隠れるような樹木がないので、その姿も見えない。

Photo_20200406160202

 対岸ではキジのオスの鳴き声とほろ打ちが小さく聞こえてくる。そろそろタヌキが帰ってくる時刻なので、引き上げようと歩きだすと、足元からキジのメスが飛び出して対岸へ向かった。

Photo_20200406160203

 すぐにカメラを向けておいかければよいのだが、いつもその行く先を眺めてしまう。今朝はキジとは逢えないなと思いながら、陽が昇り始めた下流方向に向かって歩くと、逆光の中にキジのメスが歩いてくる。

Photo_20200406160204

 じっと動かないで待っていると、どんどん足元のほうに寄ってくる。道端の黄色の花と、逆光気味のひかりの中のメスの正面の姿が、魅力的だったのでその動きを捉えてみた。

 

 

オスの威厳を見てみよう   続 キジ

 河原の散策路を歩くキジたちは警戒心も薄く、のんびりと道端にある草や木の実を拾いながら歩いている。

Photo_20200406153301

 かなり近づいても逃げたり隠れたりしないので、ある距離を保ちながらモテルオスの様子を観察することにする。

Photo_20200406153401

 ひょっとすると営巣場所まで案内してくれるかもしれないな、と思いながらついていってみる。

Photo_20200406153402

 メスはよそ見をすることもなく採餌に忙しい。これはこれからの抱卵と、子育ての体力を蓄えようとしているからだろうか。

Photo_20200406153403

 その点オスはあたりを警戒しながら、そのあとをついていくのである。地味な保護色のメスと派手な装いのオスの違いは、天敵に襲われたときにメスを助けるために、目立つ衣装を着ているように見える。

Photo_20200406153404

 鳥たちも自分のDNAを残して子孫繁栄させるためには、いろいろな苦労があるのだなと思う早朝である。

 

一夫多妻と言われるが?  キジ

 先週小高い丘の上で母衣打ちをしていたオスが、今朝は二羽のメスと散歩をしている。

Photo_20200406151101

 大きな声とともにした母衣打ちで、縄張りをしっかりと確保して、メスを従えて歩いているのかなとみてみる。

Photo_20200406151102

 メスを従えてというよりも、メスの後をついていくという雰囲気に見える。

Photo_20200406151103

 あのきれいなオスがこの繁殖期になると、さらに目の周りの赤垂が大きくなって、きれいに見えるようになる。

Photo_20200406151104

 オスは歩いているときは頭を下げて歩くので、その恰好はメスを従えてという表現には当たらない。Photo_20200406151401

 

 メスが採餌をしているときに、時々頭を上げてあたりを見回す時だけが、威厳があるように見える。それにしてもうらやましい風景である。

一休みする兄弟   続 タヌキ

 タヌキの兄弟と思われる三匹が次々と残土置き場に入ってしまったので、一回りして反対側の塒の方を覗いてみると、ネットでカバーした石の集積場の上に一匹の寝姿が見える。

Dsc_9345

 食休みをしているのか丸くなって寝ている。それでも時々警戒をしているように頭を上げて周りを見渡す。

Dsc_9359

 そのうちにもう一匹のタヌキがのこのことやってきて、お互いに頬ずりをしたかと思ったら、仲良く眠りの体勢をとっている。

Dsc_9365

 三匹がいるはずなので、もう一匹が姿を見せるだろうと思って待っていると、なかなか現れない。

Dsc_9387

 たぶん末っ子の一匹はどこかで油を売っているのだろうと思うが、高いところにいる二匹は同じ方向を見ているので、その目線の先にいるのかもしれない。

Dsc_9411

 昼寝には早い時間帯であるが、塒の近くで一休みといった雰囲気である。

 

 

ねぐらに戻る    タヌキ

 去年の大雨で川の流れが大きく変わってしまった河原、河川敷に住む動物たちもねぐらを流されてしまっただろうと思う。

Dsc_9272

 春になって草木の若葉がで始めると、隠れるところができたり、食べるものが増えてくる。

Dsc_9280

 暖かい日差しになった朝、河原を一回りして土手の上に戻ってくると、土手下の草むらに顔を出したのはタヌキである。

Dsc_9283

 毛並みもきれいな子たぬきのように見える。いったんあたりを警戒して傾斜のある土手の草の中を登ってくる。

Dsc_9291

 土手上の舗装道路に姿を見せると、左右を確認してその舗装道路をかけてきて、フェンスで囲った残土置き場の中に入っていく。

Dsc_9320

 そのあとからも同じように二匹のタヌキが続いてくる。朝食を終えてねぐらに戻ってきた様子である。

北帰の練習か群れで飛ぶ    コガモ

 夏の大雨で流れが変わった本流の河原、草木が少なくなったのであまり歩かなくなった。

Photo_20200401163001

 例年だとセイヨウカラシナの黄色の花が一面に河原を埋め尽くして、その中をセッカなどが飛び回っているはずであるが、今シーズンは殺伐としている。

Photo_20200401163101

 大きく流れが変わった川面を見てみると、遠くに小さな水鳥たちの群れが見える。よく見るとコガモも群れのようである。

Photo_20200401163102

 歩きにくい石ころだらけの河原を水際まで近づくと、数十羽のコガモが一斉に飛び上がって上流方向に向かう。

Photo_20200401163103

 遠くに行ってしまったなと思っていると、途中で旋回して戻ってきている。そしてまた近くの水面に一斉に下りてきた。

Photo_20200401163104

 コガモは一番早くやってきて、一番最後までいる水鳥である。そろそろ北に帰る飛翔の練習をしているのか、川面の上を飛びまわっているのである。

 

花がないと    ヒヨドリ

 満開の桜も見られるのは今週いっぱいぐらいだろうか、新型コロナウイルスの新情報にかき消されて、例年の春爛漫の雰囲気はない。

Photo_20200401160201

 週末は多くの人出でにぎわう土手の桜並木も閑散としている。三密でない河原の土手の桜に何か来てくれないかと、歩いてみるがめぼしい鳥は見当たらない。

Photo_20200401160202

 盛んに飛び回っているのはヒヨドリである。ヒヨドリも見方によってはきれいなとりであるが、バーダーにはあまり人気はない。

Photo_20200401160203

 ほかにはシジュウカラかカラスぐらいである。それではとヒヨドリを桜のモデルにしてみることにする。

Photo_20200401160204

 桜は枝が混み合っているところに花がたくさんついているので、ヒヨドリも特別なポーズをとらなくても簡単に花の蜜にありつける。

Photo_20200401160205

 せめて青空が入ってくれれば花の色もきれいに出るのだろうが、あまり納得しない桜ヒヨドリである。

 

 

このあたりで営巣か?  続 続 キジ メス

 連日オスの姿が見えるので、近くにメスがいるのではないかと探してみると、散歩の人が二羽のメスを連れたキジを見たよと教えてくれた。

Photo_20200331115301

 連日のほろ打ちの効果があったのか、二羽も引き連れているとは、なかなかやり手のオスである。

Photo_20200331115302

 一夫多妻のキジの世界では、メスはなかなか姿を見せてくれない。そのうえ探すのもあの地味な保護色になっているので、見つけにくい。

Photo_20200331115303

 青い若草の上に出てくれればそれでも見やすいが、枯れ草の中を歩いていたのでは動いてでもいないと見つからない。

Photo_20200331115304

 それでも見た人がいるので、必ずいるはずだという執念でしばらくの間待ってみた。

Photo_20200331115401

 そうすると、オスがいた近くの藪の中に動くものが見える。ゆっくりと歩く姿は間違いなくメスである。目に特徴があるメスがあたりを警戒しながら、柔らかい葉を啄んでいる。

満開の桜でほろ打ち  続 キジ

 繁殖期になってキジの大きな鳴き声が聞こえてくるようになった河原を歩いていると、土手下にきれいなオスの姿。

Photo_20200331112601

 いつもなら人の気配を感じると、そそくさと藪の中に姿を隠してしまうキジであるが、ここではそういうそぶりも見せない。

Photo_20200331112602

 かなり近づいても、土手の上をジョギングの人が走りすぎても、隠れるわけでもなく動かないでじっとしている。

Photo_20200331112701

 どうも土手の上に上って、満開の桜で花見でもしたいのかなと思う目線をしている。

Photo_20200331112702

 そのうちにのこのこと草深い土手の傾斜を上って、舗装をした道路の上に出てきた。目を離したちょっとの隙に、フェンスを飛び越えて小高い丘の上に立った。

Photo_20200331112703

 首を上の方に伸ばすと、「ケーンケーン」という雄たけびとともに、大きく羽を広げて「ドドドドッー」とほろ打ちを始めた。

Photo_20200331112704

 花はよく見えないが、雰囲気だけ桜前ボケのほろ打ちの雄姿である。

 

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »