野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 無視されて見送る姿   続 続 続 キジ(♀) | トップページ | やっと地元に    キレンジャク »

そろそろかと思っていたら    コムクドリ

 河原の土手の桜の花も早めに終わったが、そろそろコムクドリの季節かなと思いながら河原を歩いてみた。

Dsc_2309

 桜並木も花びらがすっかり落ちて、若葉と桜蕊が目を楽しませてくれる。

Dsc_2311

 人通りの少ない河原の土手は、新型コロナウイルスとは縁がなさそうな少し冷たい風がふいている。

Dsc_2317

 空気は冷たくて気持ちがよく、見上げる空は青空の良い天気である。一通り桜並木を眺めてみたが、動くものといえばヒヨドリだけけでコムクドリの姿は見えない。

Dsc_2335

 いつもの土手を歩くコースの支流との合流点の河原に出てみる。この近くには猛禽がいることが多いので、期待はそれである。

Dsc_2374

 森の中では、まだうまく囀れないウグイスの声が聞こえてくるが、姿はなかなか見つからない。

Dsc_2337

 見上げる樹木の中に動き回る小さな鳥の陰、見慣れない姿なので順光側に回ってみると、なんとコムクドリである。オスとメスの4羽の群れである。今シーズン初めての出遭いでうれしい朝になった。

 

« 無視されて見送る姿   続 続 続 キジ(♀) | トップページ | やっと地元に    キレンジャク »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無視されて見送る姿   続 続 続 キジ(♀) | トップページ | やっと地元に    キレンジャク »