野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 歩きは苦手でも飛翔姿は     続 コチドリ | トップページ | 樹上の母衣打ち    続 キジ »

樹上でディスプレイ    キジ

 今シーズンは河原を歩いているとキジと出遭うことが多い。特にわかりやすいのは、恋の季節のオスの鳴き声と母衣打ちである。

Dsc_2571

 それと昨年の夏の豪雨で河原の草木が流されて、視界がよくなったことも出遭いの機会が増えている要因でもある。

Dsc_2578

 今朝もいつもの河原の土手を橋から次の橋まで、上流に向かって歩く間に、6羽のキジのオスの姿を見ている。

Dsc_2610

 河川敷の草むらで鳴いたり歩いている姿は、いつもの光景であるが、樹上の木どまりのキジは珍しい。

Dsc_2619

 最初は河原の黄色の花を眺めているのかと思ったら、枝の上の方を気にし始めてそちらに移動をはじめた。

Dsc_2628

 なんとその方向にはメスがたたずんでいるではないか、余裕を見せて羽繕いなどをしている。

Dsc_2652

 そのメスのいる枝に近づいて昇っていくと、樹上のメスの下側でディスプレイを始めたのである。

Dsc_2653

 メスは了解したのか、なんでこんなところでとあきれたのか、下の草地の中に飛んでしまった。残ったのは茫然と見つめるオスの姿であった。

 

 

 

« 歩きは苦手でも飛翔姿は     続 コチドリ | トップページ | 樹上の母衣打ち    続 キジ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 歩きは苦手でも飛翔姿は     続 コチドリ | トップページ | 樹上の母衣打ち    続 キジ »