野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 繁殖の季節    セッカ | トップページ | 11羽のこどもたち    カルガモ »

昔はヤマバト  今 キジバト

 確かに子供のころはヤマバトと呼んでいたような気がするが、最近はキジバトと言われて都会に多く繁殖している。

Photo_20200514145201

 なぜキジバトと呼ばれるようになったかというと、キジのメスに似ているかららしい。

Photo_20200514145301

 この河原ではキジのメスもよく出てくるが、そういわれてみると遠目には似ているかもしれないが、よく見ると明らかに違う。

Photo_20200514145302

 キジバトの魅力は首周りにある青と白の横じま模様が、光の加減によってきれいにみえるところである。

Photo_20200514145303

 毎朝歩く河原の土手下の大きな藪の中で営巣始めたようである。頻繁にオスが巣材を運び込んでいる。

Photo_20200514145304

 そのペアーが岸辺の草地の中を歩きながら、朝食をとっているようである。昔ヤマバト、今はキジバト。

Photo_20200514145305

 ペアーの求愛シーンも見せてくれたので、2,3週間ぐらいで雛が孵るだろうから、それを期待してみたいものである。

 

« 繁殖の季節    セッカ | トップページ | 11羽のこどもたち    カルガモ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 繁殖の季節    セッカ | トップページ | 11羽のこどもたち    カルガモ »