野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« よくとおる鳴き声  続 キアシシギ | トップページ | 天は二物をあたえず?   オナガ »

成長している11羽   カルガモ

 カルガモの家族の行動時間は少し遅め。夜明けが早いので早めに河原につくが、カルガモの家族は見当たらない。

Dsc_4072

 それではと、下流沿いにゆっくりと歩きながら鳥たちを探す。あいかわらずにぎやかなのは、キジのオスである。

Dsc_4068

 いつものところでいつもの鳥たちが行動を始めている。下流から昇ってくるキアシシギ。

Dsc_4076

 子育て中なのか河原でじっとしているコチドリ、対岸では別のキジのオスが、流木の上に載って母衣打ちをする。

Dsc_4080

 水面すれすれに飛び交うのはツバメ、近くの民家の軒下に営巣場所を作っているようである。

Dsc_4092

 大きな声でさえずり通しているのは、河原の石ころの間から飛び出したヒバリである。

Dsc_4103

 帰り際にカルガモ親子の様子を見ると、11羽の雛たちは今日も健在である。白い花の咲くクレソンの間を元気に泳いだり、歩いたりと親鳥のいうことをよく聞いている。

 

« よくとおる鳴き声  続 キアシシギ | トップページ | 天は二物をあたえず?   オナガ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« よくとおる鳴き声  続 キアシシギ | トップページ | 天は二物をあたえず?   オナガ »