野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 精悍な飛翔   続 コアジサシ | トップページ | 仲良しの場面   トビ »

なぜか足首に光るものが  続 続 コアジサシ

 ここのコアジサシの猟場は少し上流のほうにあるらしい。どうも目の前ではその雄姿を見せてくれない。

Photo_20200602112001

 上流から戻ってくるコアジサシは、くちばしに光る小魚を咥えている。これ見よがしに目の前を旋回したかと思うと、着陸態勢に入る。

Photo_20200602112101

 嘴に光るものを咥えていると思ったら、着陸態勢の足首にもなにか光るものがみえる。

Photo_20200602112102

 足環がついたコアジサシである。単独で岸辺に降り立ったところを見ると、この小魚は自分で食べるのか、それともお土産なのか周りにはそれらしき相手は見えない。

Photo_20200602112103

 時季的にはもうそんな段階は過ぎて、そろそろ子育て用に餌を運ぶころだとは思うが、対岸のその辺の状況はよく見えない。

Photo_20200602112104

 この対岸の河原には犬の散歩や釣り人が入ってくるので、天敵のカラスなどから防護してもそのあたりの注意も必要である。 何とか無事に雛が育って、この河原をにぎやかに飛び交う姿も見たいものである。

 

« 精悍な飛翔   続 コアジサシ | トップページ | 仲良しの場面   トビ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 精悍な飛翔   続 コアジサシ | トップページ | 仲良しの場面   トビ »