野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ホトトギスを待つ間に    オオミドリシジミ | トップページ | 真っ赤な口の中   続 オオヨシキリ »

雨の季節    オオヨシキリ

 梅雨入り後は予報通りに雨の毎日である。このところ四季のメリハリがないなと嘆いていたが、今シーズンの梅雨は言葉通りになっている。

Photo_20200614142201

 梅雨入り宣言しても雨も降らず空梅雨もあるが、今年は作物などは十分に水が得られそうである。水が多いといっても大雨になるのは困りものであるが、そこそこの水分は生物が生きていくには必要である。

Photo_20200614142301

 この時季になるとにぎやかなのは、河原の葦原のオオヨシキリである。とにかく大きな声でにぎやかに鳴いている。

Photo_20200614142302

 この繁殖期の葦原では、オスがメスを獲得しようと大きな口を開けて鳴きながら、恋の相手を探している。

Photo_20200614142303

 雨が降ろうが、夜の夜中でも鳴き止まない。葦の幹の上の方にとまって鳴いているかと思うと、そうでもなく濃い緑の葦の葉の下の方でもにぎやかである。

Photo_20200614142304

 その雨の上がったつかの間に、大声で鳴くその姿を観察してみた。この葦原にはかなりの数のオオヨシキリがいるので、中にはコヨシキリも混ざっているのではと捜してみたが、見つけることはできなかった。

 

 

« ホトトギスを待つ間に    オオミドリシジミ | トップページ | 真っ赤な口の中   続 オオヨシキリ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホトトギスを待つ間に    オオミドリシジミ | トップページ | 真っ赤な口の中   続 オオヨシキリ »