野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 季節の鳥   回顧   サンコウチョウ巣立ち | トップページ | 緑に映える飴色   続 アマサギ »

突然の大群     アマサギ

 三密を避けて隠密理に行動する。他県への越境の自粛を尊重しながら、どうしても遭いたい夏鳥を探す。

Photo_20200712153501

 よく降る雨に元気よく育っているのは田んぼの稲、緑一面のじゅうたんのように見える田んぼ。

Photo_20200712153601

 その稲の畝の間から濃いオレンジ色の頭が見える。探してみると、餌を獲った後に頭をあげる姿は三、四羽。

Photo_20200712153602

 季節の鳥で見逃すと悔やまれるのがアマサギである。なぜかこの季節好きな鳥の一種である。

Photo_20200712153603

 田んぼばかりを見ていると、見上げる目線の先を猛禽が飛び去って行く。オオタカだろうか残念ながら後ろ姿である。

Photo_20200712153604

 しばらく田んぼのあぜ道を歩いていると、右手から白い鳥の大群がやってくる。よく見るとアマサギの群れである。

Photo_20200712153605

 猛禽の飛んだ方向からやってきたので、猛禽を避けて餌場をさがしてきたのかもしれないが、すごい数である約五十羽ほどはいるだろうか。

Photo_20200712153701

 しばらく旋回した後、一斉に田んぼの農道に降り立った。周りを警戒しながら一羽二羽と田んぼの中に入っていく。

Photo_20200712153702

 そのうちに、一斉に田んぼの中に散らばって採餌を始めた。二、三羽のアマサギで喜んでいたが、思わぬ大群に興奮度はさらに高まっていくのである。

 

 

« 季節の鳥   回顧   サンコウチョウ巣立ち | トップページ | 緑に映える飴色   続 アマサギ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 季節の鳥   回顧   サンコウチョウ巣立ち | トップページ | 緑に映える飴色   続 アマサギ »