野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 突然の大群     アマサギ | トップページ | 田んぼの花と戯れ   続 続 アマサギ »

緑に映える飴色   続 アマサギ

 アマサギの特徴は、頭から背中にかけての黄色の濃い色というか、オレンジ色というかその色が目印になる。

Photo_20200713144701

 名前の由来はその色が飴色に似ているところからきている。世代的にはアマサギ聞くと、往年のヒット曲「亜麻色の髪の少女」を思い出す。

Photo_20200713144702

 なんの関連もないのだろうけれど、個人的にはアマサギを見ると、その歌を思い出しながら観察しているのである。

Photo_20200713144703

 コサギやダイサギは留鳥でいつでも見られるので、繁殖期の冠羽や飾り羽のきれいな時季が人目を引くが、アマサギの飴色の冠羽もまた魅力的なのである。

Photo_20200713144704

 群れでいるときは、遠くからでないと全体像が入らないので、あまり警戒もしないでそれぞれの表情を見せてくれる。

Photo_20200713144705

 単独でいる個体にファインダーに大きく入れようと近づくと、警戒して飛び出してしまうので、飛翔姿も後ろ姿が多くなってしまう。緑一面の田んぼの上を飛ぶその姿は、白と飴色が引き立ってきれいに見える光景なのである。

 

« 突然の大群     アマサギ | トップページ | 田んぼの花と戯れ   続 続 アマサギ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 突然の大群     アマサギ | トップページ | 田んぼの花と戯れ   続 続 アマサギ »