野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« なが~い梅雨    雫 | トップページ | 親の給餌を待つ    オオタカ若 »

季節の鳥   回顧    アカショウビン

 長い梅雨も、九州の方からそろそろあけそうな声も聞こえるようになってきた。鳥見も雨降りだと、どうしても二の足を踏むというよりも、出かける気力をがなくなってしまう。

Pic000421

 それでも梅雨の晴れ間を見て河原などを歩いてみるが、留鳥以外の鳥の姿は少なくなってきている。きっと来週には、関東地区も晴れた日が多くなって、梅雨あけの宣言も出されるだろうと期待している。

Pic0003b2

 幸いこの長い雨のおかげで、STAY HOMEの週末が多く、手首の骨折もそろそろ回復基調になってきた。昨年から今年にかけていろいろな出来事が身にふりかかり、人生で初めてということに数多く接したり、その経験をしてきた。

Pic0004e9

 改めて、健康のありがたさと、大切さを身をもって知らされた一年である。機会を見つけて厄落としに行かなければと思うこのごろ。

Pic0004e8

 森では、夏鳥たちも子育てを無事に終えて、南の国へ家族で旅立つ準備に入ったいるころだろうと思いつつ、遠征もいとわぬ元気なころの、アカショウビンの思い出を眺めているところである。

« なが~い梅雨    雫 | トップページ | 親の給餌を待つ    オオタカ若 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なが~い梅雨    雫 | トップページ | 親の給餌を待つ    オオタカ若 »