野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 季節の鳥    回顧    クロツグミ | トップページ | 気持ちよさそうに飛ぶ    続 アマサギ »

出穂とともに    アマサギ

  長い梅雨が明けたと思ったら真夏日の連続、最近は熱中症警戒アラートなるものが発表された。

Photo_20200811153901

 アラートという言葉がはやりなのかどうか安直すぎるような気もするが、今までも高温になる日はそれなりの警報が出ていたような気がする。

Photo_20200811153902

 約一か月振りに田んぼを歩いてみたが、すでに早生の稲は穂をつけ始めた。若い稲穂は元気に空に向かって穂先を向けている。

Photo_20200811153903

 これも秋口になると十分に実った稲穂が垂れてくるのであるが、暑さにばかり気を取られていると、すでに暦の上では秋になっている。

Photo_20200811154001

 稲の穂が出始めた田んぼの緑のじゅうたんの上をアマサギの群れが飛び交っている。すでにもういなくなったかなと思っていたので、うれしい出遭いである。

Photo_20200811154002

 見たところ今シーズンの幼鳥たちも一人前になっているようで、緑の田んぼの上に白い羽根を広げた、頭の飴色のアマサギの親とともにその色のコントラストがきれいに映る。そろそろ旅立ちの日も近いのかもしれない田園風景である。

 

« 季節の鳥    回顧    クロツグミ | トップページ | 気持ちよさそうに飛ぶ    続 アマサギ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 季節の鳥    回顧    クロツグミ | トップページ | 気持ちよさそうに飛ぶ    続 アマサギ »