野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 子育て一段落のパタパタ   続 カイツブリ | トップページ | 子育てを終えて   キジ オスとメス »

大股開き   セッカ

 朝起きてベランダの窓を開けると、真夏の鳴き声ミンミンゼミとアブラゼミの大合唱である。その声だけで夏、暑いと感じさせる。

Photo_20200818140401

 少し前まではなぜかヒグラシが早朝に鳴いていたが、最近の暑さでは場違いと思ったのか、全くその声は聞こえない。

Photo_20200818140402

 陽射しが強くなる前に河原の土手を歩こうと出かける。考えは皆同じなのか、土手を歩く人の数は多く感じる。

Photo_20200818140403

 河原では鳥の姿は少なく、カワセミとスズメの幼鳥が元気である。しばらく上流に向かって歩くと、久しぶりのセッカの鳴き声。

Photo_20200818140404

 どこにいるのかと声のする方を見ると、川岸の背丈の高い草の上にその姿はあるが、カメラを向けると飛び立ってしまった。

Photo_20200818140501

 下流の方向にスイングしながら飛んでいくので逆光気味になる。程よいところで草むらに入ったのでその姿を探した。なんと、久しぶりのセッカ止まりで、脚を大きく広げてこちらを見ているではないか。うれしい出遭いであった。

« 子育て一段落のパタパタ   続 カイツブリ | トップページ | 子育てを終えて   キジ オスとメス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 子育て一段落のパタパタ   続 カイツブリ | トップページ | 子育てを終えて   キジ オスとメス »