野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 気持ちよさそうに飛ぶ    続 アマサギ | トップページ | 用心深くすぐ飛び立つ    ケリ »

子育ても終わって    オオタカ

 真夏日の毎日、行動をするなら早朝の夏の陽射しが出る前にと思うが、夜明けが五時前になってきたので、河原につくとすでに陽射しが痛く感じる。

Photo_20200812121201

 いつものオオタカが止まる樹木を見上げていても、それだけで額から汗がにじみ出てくる。

Photo_20200812121202

 こういう季節は日陰で定点観察ができるところが一番良い。動かないとなると三脚と大砲を持ち出すが、相手には羽があるので自由に飛び回ってしまう。

Photo_20200812121301

 そうすると重いカメラを持ってそれを追いかけて移動する。汗だくのオオタカ観察である。

Photo_20200812121302

 子供たちはすでに独り立ちしてしまったのか、その声は聞こえない。日陰を外れて炎天下で待っていると、オオタカのオスらしき飛翔姿。

Photo_20200812121303

 対岸の土手の上の視界の開けた横枝にとまった。食事の後なのか、子供を探しているのかしばらくじっとしながらあたりを見回していた。

« 気持ちよさそうに飛ぶ    続 アマサギ | トップページ | 用心深くすぐ飛び立つ    ケリ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 気持ちよさそうに飛ぶ    続 アマサギ | トップページ | 用心深くすぐ飛び立つ    ケリ »