野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« オスを待てども出るはメスのみ   キビタキ | トップページ | いよいよ季節か  ミサゴ »

季節の移り替わり  回顧  ノゴマ

 コロナ禍で巣ごもりの多かった今年も残りが少なくなってきた。困ったときの神頼みではないが、コロナとともにいろいろなことがあったので、厄落としに神社に参拝した。

Pic0010f8

 昔から厄年と言って、男性は四十台前半、女性は三十台半ばに厄落としをしたものである。これは昔の平均寿命が五十歳だったっ頃の慣習であって、最近の平均寿命が八十歳といわれるように延びた現代では、七十歳ぐらいが厄年になるのだろう。

Pic0010f9

 経験値からもこの年齢になると、肉体的にも精神的にも変化が大きく、体には気を付けなくてはいけないよわいになる。今まで経験したことのない身体の変調が、顕著に表れた年である。

Pic001102

 本来の厄落としは、友人や知人を招いてご馳走をふるまうことが多かったようであるが、このご時世、しとしとと雨の降る中を静かに参拝してきた。年が変わり明るく輝く新年になって、お礼参りができるようになれば良いなと思うこのごろである。

 

« オスを待てども出るはメスのみ   キビタキ | トップページ | いよいよ季節か  ミサゴ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オスを待てども出るはメスのみ   キビタキ | トップページ | いよいよ季節か  ミサゴ »