野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 白いそばの花の一点の橙  続 ノビタキ | トップページ | オスを待てども出るはメスのみ   キビタキ »

白い花に埋もれて  続 続 ノビタキ

 そば好きのバーダーは食べるのも好きだが、もちろんそば打ちも楽しむ。この秋の新そばにも大いに期待しているのである。

Photo_20201012135401

 昔の実家では家庭でそばやうどんを打っていたので、見よう見まねで覚えてしまうものであるが、簡単そうでそうでもない。

Photo_20201012135402

 実際にやってみないとわからないというか難しいのは、水回しと捏ねである。つなぎは自然薯か長芋の十割そばが多い。

Photo_20201012135403

 食べるほうが作るよりは好きなので、各地のそばの名所はほとんど歩いてみた。山形のそば街道は何度か挑戦したものである。

Photo_20201012135404

 どの蕎麦屋もその日に打ったそばが終わると、お店も暖簾を下ろす。だから午後は早めにいかないと閉店していることが多かった。

Photo_20201012135405

 一面に広がるそば畑の白い花を見て、そんな昔の追憶にふけりながらノビタキの顔を出すのをまっているのである。

« 白いそばの花の一点の橙  続 ノビタキ | トップページ | オスを待てども出るはメスのみ   キビタキ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 白いそばの花の一点の橙  続 ノビタキ | トップページ | オスを待てども出るはメスのみ   キビタキ »